IoTとAIとゴミ分類

(この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。)

モノのインターネット(IoT)技術の発展は、金融貿易、スマート農業及びオンライン教育などの業界を含む多くの産業発展の駆動力となっています。

一方で、中国の経済発展と人々の生活水準の向上に従って、都市のゴミ量の増加について、現在都市のゴミ分類の市場化は新しい方向性を示し始めました。しかし、普及度は低くて、その仕事の難易度も高いです。その中には住民の素質やゴミ分類のハードウェアの組み合わせ、資源化、回収などの分類問題が含まれています。

近年、生活ゴミの分類は各大都市の重点環境保護プロジェクトになります。IoT、人工知能などの技術的な補助のあるゴミ分類は、各種類のゴミを正確に分類することができます。

スマートIoT技術で補助するゴミ分類は、防火、爆発防止、防水及フル注意喚起、GPS位置付け、自動投入などの機能があって、そして各種類の廃品の分類を識別できます。IoTのデータ転送を利用して、自動重量測りなどを通して、リアルタイムで住民に相応のポイントを与えてwechatのオンライン財布に振り込むことができます。

現在、IoTとAI技術がゴミ分類における応用には、異なる材料のゴミ分類に対して、スマート測定、スマートビジョンなどの科学技術が大いにやりがいがあります。

画像引用元:https://baijiahao.baidu.com/s?id=1701537981870705779&wfr=spider&for=pc

資料引用元:https://m.baidu.com/sf_baijiahao/s?id=1693996438437155674&wfr=spider&for=pc&sa=vs_ob_realtime

筆者:劉騏

2021年3月19日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。