人工知能における声紋認証

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

生物特徴認証技術には様々な種類があります。顔認証以外に、現在多く使われているのは声紋認証です。声紋認証は生物認証技術の一種で、話し手の識別技術とも呼ばれています。その中には、話し手にの識別と話し手にの確認が含まれています。

声紋認証の作業過程は、話し手の声紋情報を収集してデータベースに入力し、その後話し手が再び話をする時、システムがこの声紋情報を収集し、データベースにある声紋情報と自動的に比較することで話し手の身分を識別するということです。

伝統的な身分認証方法(鍵、証明書など)に比べ、声紋認証は忘れ防止、遠隔認証の機能を持っています。既存のアルゴリズムの最適化とランダム暗号化の技術手段においては、声紋も録音と合成の防止に効果的である。それゆえ、声紋認証は安全性が高く、そして応答も速く、認証も精確です。

また、顔認証、虹彩認証などの生体特徴認証技術に比べ、声紋認証技術は電話チャネル、ネットワークチャネルなどを介してユーザーの声紋特徴を収集できる特徴があるため、遠隔識別においても優れています。

現在、声紋認証技術は声紋錠、ブラックリスト声紋庫など多くの応用事例があり、金融、セキュリティ、スマートホームなどの分野に広く応用されており、さまざまなシーンで活躍しています。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E5%A3%B0%E7%BA%B9%E8%AF%86%E5%88%AB%E6%8A%80%E6%9C%AF/4015016/0/1f178a82b9014a90698a2ab9a5773912b31bee7a?fr=lemma&ct=single#aid=0&pic=1f178a82b9014a90698a2ab9a5773912b31bee7a

資料引用元:http://www.360doc.com/content/20/1117/05/39492022_946238393.shtml

筆者:劉麗敏

2021年3月19日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。