ネットセキュリティーにおける人工知能(AI)

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

現在、これまでよりも多くのデータが生まれています。データ分析のツールの発展につれ、各業界の団体もビッグデータの収集と保存をより重視しています。

一方で、技術の進歩につれ、ハッカーもより先進的な技術で新たな攻撃方法を設計するので、データのプライバシーとネットワークのセキュリティーが脅かされています。科学技術の大手企業はすでに人工知能がより良いネットセキュリティを提供できるかどうかを検討しています。

画像引用元:https://www.sohu.com/a/326323195_257855

なぜAIはネットセキュリティーの潜在力があるか

まず、人工知能はデータを解析してモデルの構成を学習できます。AIモデルはデータの傾向とモードを識別することができるので、脅威と攻撃を発見するための効果的なツールとなることができます。

AIはどのようにネットセキュリティーを強化するか

1、バグを管理する

多くの会社は受身策を採っています。つまり、バグを検知してから対策を採り始めます。一方で、AIは積極的に手を打ち、モデルに異常を発見させ、事前に関連部門に通知することができます。

2、身分認証システムの強化

各ユーザーに対しては、システムは、様々な要因(例えば、ログインのIPアドレス、ログインの時間、ユーザーの位置など)に基づき、リスクを分析します。これで、ログインシステムはよりよく攻撃を防止することができます。

3、自動的に脅威を検出する

人工知能は快速検出、脅威管理に役立ちます。監視アルゴリズムはすでにMLモデルを作成するために使用されています。このモデルは特定の状況に対して脅威かどうかを分類することができます。しかし、ただAIだけに頼れば、色々な誤報をよく引き起こすことがあります。

ですので、ネットセキュリティー専門家は伝統的方法とAIに基づく解決案を結びつけるほうがいいという意見を出しました。

資料引用元:https://ai.51cto.com/art/202102/645923.htm

筆者:朱泳霖

2021年3月12日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。

前の記事

無人運転車について

次の記事

IoTとAIとゴミ分類