スマートホームについて(下)

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

スマートホームの基本的な種類は、ホーム自動化、ホームネットワーク、ネット家電と情報家電この4つがあります。本稿ではネット家電と情報家電を簡単に紹介します。

ネット家電

ネット家電は普通の家電がデジタル技術、ネットワーク技術およびスマート制御技術を利用して改善された新型家電です。ネット家電は相互接続を実現し、一つの家庭内部ネットワークを組み立てるとともに、外部のインターネットとお互に接続することができます。

情報家電

情報家電は安い値段や簡単な操作、強い実用性、PC主要機能ありという特徴を持つ家電製品のことです。コンピューター、電気通信と電子技術などを利用し、伝統的な家電(冷蔵庫、洗濯機、DVD、VCD、テレビなどを含む)と組み合わせる革新的な製品です。情報家電はPC、セットトップボックス、HPC、スーパーVCDなどのネットワークシステムを通じて情報の交換ができる家電製品が含まれています。

画像引用元:http://www.itdlc.com/newsview/746.html

スマートホームの本来の建築目的は人間に安全で住みやすい生活環境を提供するということです。しかし、現在のスマートホームシステムは環境の制御と安全の規範化の方面で不足があります。スマートホームの発展はこれらの方面で改善し、またこの理念を生活の各システムにおいて貫く必要があるためです。例えば、視聴設備、温度制御、安全制御などのシステムです。また、これらの方面に対して、遠隔制御と集中制御を同時に実現する任務を完成し、家庭生活全体により人間の習慣に適する特徴を現れることを確保する必要があります。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E6%99%BA%E8%83%BD%E5%AE%B6%E5%B1%85/686345#3

筆者:劉騏

2021年3月2日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。