モノのインターネット(IoT)に対する挑戦

(この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。)

近年、モノのインターネット(IoT)の発展は次第にある程度の規模になり、各国も大きな人と物と金を投入して研究開発を行っています。でも、技術、管理、コスト、政策、安全などの方面には依然として解決する必要な困難があります。

技術基準の統一と協調

現在、伝統的なインターネットの標準は、IoTには適していません。IoTの感知層のデータは多数の情報源があり、異種混合であり、異なるデバイスには異なるインターフェース、異なる技術基準があります。また、ネットワーク層、アプリケーション層さえも使用するネットワークタイプが違い、業界の応用方向が違うことによって、異なるネットワークプロトコルとシステム構造が存在します。

プラットフォーム管理の問題

IoTは、それ自体が複雑なネットワークシステムです。その上、応用分野が各業種に及ぶため、避けられない大きな交差性が存在します。各業界の応用はそれぞれ独立しており、コストが高く、効率が低く、IoTの優位性を体現できないので、必然的にIoTの普及に影響します。

画像引用元:https://iot.51cto.com/art/201906/598139.htm

コスト問題

現在、各国はIoTを積極的に支持しています。しかし、本当に導入し大規模に使えるIoTプロジェクトは少ない。例えば、センサネットワークは、マルチホップアドホックネットワークであり、環境要因や人的要因によって破壊されやすいです。円滑なネットワークを保証し、信頼できる情報をリアルタイムで安全に転送するためには、ネットワークのメンテナンスコストが高くなります。コストが通常で受け入れる範囲内に達することができなかったら、IoTの発展が進みにくいです。

安全性の問題

IoTは新たな産物として、システム構造がより複雑で、統一された基準がないため、各方面の安全問題が更に突出します。その鍵となる実現技術はセンサネットワークです。センサーが露出した自然環境下、特に劣悪な環境に置かれたセンサーがネットワークの完全性を長期間で維持するためには、センサネットワークが自己回復の機能を持つことが必要となります。これは環境要因の影響を受けるだけではなく、人的な要因に最も影響されています。

RFID技術はもう一つの重要な実現技術であり、電子タグを事前に物品に入れてリアルタイムに監視するということです。これは一部の電子タグの所有者に対して個人のプライバシーを侵害し、個人情報の安全性の存在問題にもつながります。個人情報の安全性だけではなく、現在、企業の間や国の間の協力も普通で、もしネットが攻撃されたら、その結果は想像に堪えないものになります。ですので、IoTを使用する過程で、どのように情報化と安全性の間でバランスをとるのは極めて重要です。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%89%A9%E8%81%94%E7%BD%91

筆者:劉麗敏

2021年3月3日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。