スマート検温ロボットについて

(この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。)

現在、新型コロナウィルスの予防とコントロールがとても重要な時代となりました。科学技術の力は疫病の予防においてのサポート作用もますます重視されています。例えば、ビッグデータの可視化、スマート検温ロボット、遠隔医療など、これらの展示館によく使われているハイテク技術の応用を通して、防疫の仕事をより順調に進めるようになります。

 

画像引用元:http://www.caacnews.com.cn/1/5/202101/t20210122_1318314.html

十数年前に流行した「SARS」と違い、当時の科学技術の発展は遥かに今の発展に及ばないです。今や科学技術を使った防疫が主流になりました。例えば、AIスマート検温ロボットです。

デパート、空港、地下鉄、博物館などの人が多く集まるような公共の場所では、伝統的な手持ち式の温度計を使えば、効率が悪く、人と人の接触によって感染の恐れもあります。一方で、スマート検温ロボットは忠実な保護神のようなもので、伝統的な手持ち式温度計の不足を完全に補うことができるのです。体温測定ができるだけでなく、顔認証、ルートガイド、音声インタラクティブ、スマート対話を行うこともできます。「体認証+顔認証+赤外線センサー」などの技術により、マスクをかけて顔を隠していても人を正確に認識することができ、発熱の疑いがある人を効果的に発見することができます。

現在の「防疫戦」では、スマート検温ロボットの応用により、防疫時に起こりうる人と人の接触による安全問題並びに検測効率問題が大幅に改善されました。

資料引用元:https://baijiahao.baidu.com/s?id=1658406180036989434&wfr=spider&for=pc

筆者:朱泳霖

2021年2月19日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。