スマート図書館の特徴について

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

スマート図書館はスマート技術を図書館の建設に応用し形成するスマート化建築です。スマート図書館は知識の共有性、効率の高いサービス、使用における利便性という三つの特徴があります。

知識の共有性

スマート化に基づいて建てられたスマート図書館はデータ化、ネット化、スマート化の外部特徴を持っています。インターネット技術を通して独自性のある様々な文献の情報を読者や管理者などに互いに提供し、すべての情報をつながり、読者と管理者とフォアグラウンド・バックグラウンドの相互スマート化連接を実フェンし、知識の共有を実現するのです。知識の共有こそが、スマート図書館の最終的な目的であり、重要な特徴の1つとなっています。具体的に表現すると、スマート図書館は読者に全面的かつ一体化したサービスを提供します。また、知識や管理を共有することで、読者の様々な問題を解決し、そして読者のために借覧する過程ではより読者の時間を節約し、館内スタッフにより便利な管理を提供するなどのことです。

効率の高いサービス

各図書館の建築面積が拡大しており、日に日にインフラストラクチャーへの負担も重くなって来ています。サービスシステムの情報量と処理の負担もどんどん大きくなっています。大量の情報が一度でも崩れたら、図書館に甚大な影響を与えるに違いありません。目まぐるしい発展態勢に立ち向かい、図書館はより素早い管理とより知能的な情報管理システムとより完全なサービスによって、読者により総合的な情報サービスを提供できるしかないです。

使用の利便性

スマート図書館によって、館内スタッフはスマート化と自主化を基礎としてより高効率な管理を実現することができる一方で、広範な読者に対して便利な情報検索と閲覧などの総合サービスを提供することができます。

画像引用元:https://m.toutiao.com/i6886279147660771843

資料引用元:https://new.qq.com/omn/20201102/20201102A0BERF00.html

筆者:周家令

2020年1月31日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。