「5G+スマート地下鉄」について

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

第二回中国国際輸入博覧会のラストスパートの際、上海市経済及び情報化委員会、上海申通地下鉄集団、中国電信上海会社(上海電信)は共同で「5G+スマート地下鉄白書(2019)」を発表しました。「5G+スマート地下鉄白書(2019)」は軌道系交通のスマート化発展、5Gの先進的な発展及び、5G技術で駆動する革新的応用の実践経験を結びつけ、中国都市軌道系交通の発展現状と成り行きを系統的にまとめ、地下鉄運営の方向転換のスマート化需要及びチャレンジを一つずつ列挙し、5G技術が地下鉄スマート化の転換に協力することに実践マニュアルを提供します。

「5G+スマート地下鉄白書(2019)」は主に「スマート運営」、「スマートサービス」、「スマートメンテナンス」という三つの主な5G応用シーンを示しています。

「5G+スマート運営」は、主にビッグデータ技術に基づき、客の流れにの導きなどの客の流れの管理に色々なスマート化応用を実現するということです。これらの応用を通し、地下鉄の運営者は地下鉄のホール、プラットホームにいる乗客数にのリアルタイム分析と感知警告を実現でき、そして大きな帯域幅の5Gにより、高精細度の移動ビデオとトークバックなどのサービスを実現でき、それにより運営者が大きな客の流れの場合で執行する応急対策を保障することができます。

「5G+スマートサービス」は、主に地下鉄の駅構内に5Gを設置しカバーすることにより、乗客に代表的スポットの最適の地下鉄ルートと通行時間を提供するようなスマート案内などのサービスを実現するということです。5Gがホール、プラットホーム、出入り口を含む地下鉄全域に張り巡らせることで、将来的には地下鉄に入る乗客が5Gの高速ネットサーフィンサービスを楽しむことができます。さらに、5Gによるスマート地下鉄お客様サポートロボットも自動的な切符売り、自動案内、スマート駅内援助などの地下鉄の乗客との対話式スマート化サービスを実現する可能です。

「5G+スマートメンテナンス」は5G技術の大きな帯域幅、より広い接続範囲などの技術的な特徴を利用し、メンテナンス・保障能力を向上することを実現するということです。例えば、「5G+ARテレコントロール」は5G-ARの眼鏡を利用し、駅内のスタッフ巡回検査にサポートを提供できます。また、「5G+産業用ロボット」は地下鉄の線路、電力装置、他の設備などの自動巡回検査を実現可能にします。

画像引用元:https://www.sohu.com/a/360346355_120397670

資料引用元:https://www.smart-rail.cn/QqsNews/getArticleByNewsId.html?id=188&tabKey=gn

筆者:周家令

2021年1月31日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。