ガソリンスタンドの「AI給油」が開始

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

現在、自動的にナンバープレートを識別し、給油完成した後自動的に代金が引き落とされ、運転手が直接にその場から離れることは既に夢ではありません。2020年では、中国南京での複数のガソリンスタンドではAI給油システムを応用し始めます。

建邺区金砂江ガソリンスタンドでは、自動車がガソリンスタンドに着くと、システムが自動的にナンバープレートを識別し、ガソリン計量機のスクリーンにナンバープレートの情報が表示されるようになっています。従業員が直接に自動車に給油すると、どれだけ給油したか、さらに給油にかかった金額がスクリーンに表示されます。給油が終わると、運転手はすぐにその場から離れることができ、その後自動的に運転手の預金口座から引き落とされます。領収書もオンラインで開示することができるため、とても便利で早く、給油から支払いまでの全過程で僅か2分しかかからないのです。また、給油が終わればメッセージでかかった金額を知らせてくれます。

中国石油化学江蘇石油インターネットセンターの副マネージャーの紹介によると、このモデルはスマートカメラの識別に基づき、AI技術を利用して車両の運転ルートを追跡し、最後に精確で車両の停車位置と相応の給油ノズルを判断するのです。識別正確率は基本的に100%に達することができます。

画像引用元:http://auto.qingdaonews.com/content/2020-07/20/content_22047099.htm

紹介によると、南京だけではなく、江蘇石油普及計画によって蘇州、南通などのところにも押し広める見込みである。AI給油の全面的な普及に従い、現場の通行率の向上、スタッフの仕事量の現象にある程度の役割を果たすことができます。

資料引用元:https://m.toutiao.com/i6831372376303731214

筆者:周家令

2020年12月22日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。