スマート監視システムのキッチンでの応用

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

スマート監視システムは警備が民用化領域に入るスマートシステムです。以下では、キッチンにおける二つのスマート監視システムの応用を紹介します。

1、食品安全スマート監視システム

学校のキッチンの準備室で、スマートカメラに顔認識、行動認識、温湿度センサーや移動検測などの機能が内蔵されました。さらに強力なバックグラウンドシステムも備えており、システムにはネズミなどの虫害画像データベースがあります。昼間作動している時、同時に数多くの問題を監視することができます。例えば、関係者以外がキッチンに入ったり、業者が健康証明書がなかったり、帽子、マスクや手袋などを着用していなかったり、喫煙したりするなどの問題です。夜になると、監視設備は自動的に「ネズミ捕りモード」に切り替え、キッチンでネズミが出ると、カメラはスナップ写真を撮って関連担当者に発送し、基本的に証拠収集、事前警告、監視と干渉を実現します。

画像引用元:https://www.toutiao.com/i6805012770107425294/

2、スマート(ネズミ)監視捕殺装置

その原理はネズミが設置した罠にかかると、捕獲システムはすぐにネズミ類に反応し、スイッチを触発し、データを収集し、そして無線転送でネズミの情報をプラントフォームと技術者の携帯に発送し、具体的な場所や装置もはっきりと伝えます。

現在、ネズミ類スマート監視と捕獲装置は既に実測段階になります。この技術が熟達すれば、ネズミ類の監視ツールとなる一方で、安全にネズミを捕獲する便利な道具にもなります。

資料引用元:

https://m.toutiao.com/i6805012770107425294

https://baike.baidu.com/item/%E6%99%BA%E8%83%BD%E7%9B%91%E6%8E%A7%E7%B3%BB%E7%BB%9F/9016713?fr=aladdin

筆者:周家令

2020年12月22日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。