スマート医療について

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

スマート医療とは

スマート医療は健康ファイルエリア医療情報プラットフォームを構築することにより、最先端のIoT技術を利用し、患者と医療関係者、医療機関、医療設備のインタラクティブを実現することで情報化を段階的に行うことができます。

人の寿命の延長、出生率の低下と健康に対する関心が高まるにつれ、現代社会においてはより良い医療システムが必要です。IoT技術/クラウドコンピューティング技術、人工知能の専門家システム、組み込み式システムのスマート化設備により、完備したIoT医療システムを構築し、全国民が平等にトップクラスの医療サービスを利用することができます。さらに、医療資源不足が招く診察困難、医療者と患者間の関係悪化、事故頻発などの現象を解決または減少させることもできます。

スマート医療におけるIoTの応用

スマート医療は無線ネットワーク技術、バーコードRFID、IoT技術、モバイルコンピューティング技術、データ融合技術などを結合し、医療診療プロセスのサービス効率と品質、病院の総合管理レベルをさらに向上させる可能です。そして、看護業務の無線ネットワーク化を実現し、現代化デジタル医療モードやスマート医療及び健康管理、病院情報システムなどの問題や困難を全面的に変更して解決することが可能です。さらに、医療資源の高度な共有を大幅に体現し、公衆の医療コストを低減することができます。

スマート医療の発展傾向

IoT技術を医療分野に応用し、デジタル化、可視化モードにより、限られた医療資源をより多くの人に共有させることができます。医療情報化の発展から見ると、医療衛生コミュニティ化、保健化の発展傾向が日増しに明らかになり、無線周波数機器などの関連端末設備を通じ、家庭内で体の異変徴候情報のアルタイム追跡と監視を行い、さらに効果的なIoTを通じ、病院が患者または亜健康患者のリアルタイム診断と健康注意を実現することができます。一方で、IoT技術は薬品管理と薬品の使用における応用過程にも大きな役割を果たしています。

画像引用元:http://www.cbdio.com/BigData/2016-08/08/content_5159116.htm?nc20160808=204856

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E6%99%BA%E8%83%BD%E5%8C%BB%E7%96%97

筆者:劉麗敏

2020年12月21日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。