農業におけるモノのインターネット(IoT)の応用

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

モノのインターネット(IoT)は多くの面で応用できます。これから紹介するのは、農業における応用についてです。以下の四つの機能があります。

1、リアルタイム監視機能

センサー設備を通じ、温室内の気温、空気湿度、二酸化炭素、日光、土壌水分、土壌温度、室外温度と風速などのデータをリアルタイムで収集できます。その後、データを移動通信ネットワークを通じてサービス管理プラットフォームに転送し、そこででデータに分析処理を行います。

2、遠隔制御機能

比較的好条件の温室は、電動シャッター、送風機、電動灌漑システムなどの電気設備を設置しており、遠隔制御機能を実現することができます。農家は携帯やパソコンでシステムに登録し、温室内のウォーターバルブ、送風機、シャッターの開閉をコントロールすることができます。また、制御しやすいロジックを設定することもでき、そのシステムは室内外の状況によって自動的にシャッター、ウォーターバルブ、送風機などの温室の電気設備を開閉することができます。

3、クエリ機能

農家は携帯やパソコンを使ってシステムに登録した後、温室内の各環境パラメータ、過去の温度・湿度曲線、過去の電気設備の操作記録、過去の写真などの情報をリアルタイムで調べることができます。システムに登録してから、また現地の農業政策、市場の状況、需給情報、専門家の通告文書などを調べ、的を射た総合情報サービスを実現することができます。

4、アラーム機能

アラーム機能は、予め条件に適した上限値と下限値を設定しておく必要があります。設定値は農作物の種類、成長周期、季節の変化に応じて変更することができます。あるデータが制限値を超えた時、システムはすぐに情報を相応の農家に送り、農家に即刻措置を取るよう警告します。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E5%86%9C%E4%B8%9A%E7%89%A9%E8%81%94%E7%BD%91/9282675/1/03087bf40ad162d9798cc7b31bdfa9ec8a13cd3b?fr=lemma&ct=single#aid=1&pic=03087bf40ad162d9798cc7b31bdfa9ec8a13cd3b

資料引用元:https://baike.sogou.com/m/v9913129.htm

筆者:周家令

2020年12月14日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。