モノのインターネット(IoT)の構成要素

(この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。)

モノのインターネットは次世代の情報技術の重要な構成部分であり、「情報化」時代の重要な発展段階でもあります。英文表記は「Internet of things(IoT)」です。その構成要素は以下の7つです。

1、センサー

センサーは一種の物理装置または生物器官であり、外部の信号、物理的条件(例えば光、熱、湿度)または化学的組成(例えば煙霧)を探知することができ、感知した情報は他の装置または器官に伝えることができます。

2、電子ラベル(ID)

現存する電子ラベルにはバーコード、二次元コード、磁気カード、接触式ICカード、非接触カード、無線周波数識別(RFID)があります。

3、電気通信ネットワーク

電気通信ネットワークは、電気通信システムの公共施設であり、2つまたは2つ以上の所定点の間で接続を提供することを通し、これらの点の間で電気通信サービスと情報ノードとリンクの集合を建てることを指します。既存の通信ネットワークには電気ケーブル、光ケーブル、マイクロ波、ブルートゥース、赤外線、WiFi、WINMX、移動通信(2G、3G、4G)、衛星があります。

4、データ処理

IoTで収集したデータはさまざまな目的のためです。さまざまな需要を満たすためには、これらのデータはコンピュータのデータ処理を経なければなりません。通常では、これらの処理には集約的な分析、統計的な分析、しきい値の判断、専門的な計算、データの発掘を含みます。

5、表示システム

IoTで収集した画像や情報は、一般的に直接表示または計算を経てからコンピュータに表示し、または大きいスクリーンに表示することが必要です。一般的な表示状況には画像、図表、曲線があります。

6、アラームシステム

IoTで収集した情報は、通常で直接に警告したり、コンピュータで処理した後に警告したりする必要があります。一般的なアラーム形式は、音、光、電気形式(電話、メール)があります。設定されている限度値からパラメータが傾いた場合にアラームが発生するシステムです。

7、実行制御システム

あるIoTでは、信号の収集、信号の処理、信号の記録を要求されるだけでなく、さらに制御コマンドの発行も要求されます。ネットワークを通して予め設置された実行装置を制御し、実行装置の実行行動コマンドを指定することでもって制御の目的を達成するのです。

画像引用元:https://www.sohu.com/a/226039620_104253

資料引用元:https://baike.sm.cn/item/a4b6d6227dd731f754d80ff2e30ac5db.html?from=smsc&uc_paragraph_m_str=dnntnwvepffrgibijbpr

筆者:周家令

2020年12月14日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。