スマートロジスティクス

(この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。)

スマートロジスティクスは集積・知能化技術を利用し、ロジスティクスシステムに人間の知能を模倣させることを指し、思考、感知、学習、推理判断と自分でロジスティクスの中のいくつかの問題を解決する能力を備えます。

五つの未来発展の特徴

スマートロジスティクスの未来発展は知能化、一体化、階層化、柔軟化、社会化の5つの特徴を体現します。

具体的に言うと、ロジスティクス作業工程における大量の策略決定を知能化し、またロジスティクス管理を中心に、ロジスティクス過程における運送、貯蔵、包装、荷役などのプロセスの一体化とスマートロジスティクスシステムの階層化を実現します。一方で、スマートロジスティクスの発展は更に「顧客中心」の理念を強調し、消費者ニーズの変化に応じて生産プロセスを柔軟に調整すると共に、地域経済の発展と世界資源の最適な配置を促進し、社会化を実現します。

四つの知能のメカニズム

スマートロジスティクスシステムは四つの知能のメカニズム、すなわち知能情報取得技術、知能情報伝送技術、知能情報処理技術、知能情報応用技術を利用しています。

バーコード、無線周波数識別技術、センサー、GPSなどの先進的なIoT技術を利用し、情報処理とネットワーク通信技術プラットフォームを通じ、ロジスティクス業の運送、入庫、配送、包装、荷役などの基本的なプロセスに広く応用されています。これにより貨物運送過程の自動化運営と高効率最適化管理を実現し、ロジスティクス業界のサービス水準を高めることで、コストを削減し、自然資源と社会資源の消耗も緩和します。

画像引用元:https://www.sohu.com/a/211276465_99967819

IoTを通じ、伝統的なロジスティクス技術と知能システムの運営管理を結合し、ロジスティクス業に良いプラットフォームを提供し、さらにスマートロジスティクスの情報化、知能化、自動化、透明化、システムの運営パターンもより速く実現することができます。

また、実施の過程では、スマートロジスティクスはロジスティクス過程のデータのスマート化、ネットワークの協同化と方策決定のスマート化を強調しています。

一方では、スマートロジスティクスは機能においては、6つの「正確」、すなわち「正確な数量」、「正確な場所」、「正確な品質」、「正確な時間」、「正確な価格」を実現する必要があります。技術においては、「品物の識別」、「位置追跡」、「品物の供給源」、「品物にの監視」、「リアルタイムでの応答」を実現する必要があります。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%89%A9%E8%81%94%E7%BD%91%E5%BA%94%E7%94%A8%E6%8A%80%E6%9C%AF#8_5

筆者:周家令

2020年12月14日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。