AIoTの下で加速するスマートホーム

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

先日、中国最大のベンチャー・ITメディアである「36Kr」の36Kr研究院が発表した「2020年スマートホーム業界の研究報告」によると、スマートホームはすでに4.0時代に突入しており、大手メーカーはスマート単品の研究開発に限らず、IoTとAI技術に基づく生態圏を構築し、ユーザーのニーズを自発的に感知してスマート化サービスを提供できる全室スマートホームシステム製品を積極的に作り上げています。その同時に、未来では5G+AIoTの下でより広い範囲の下層の相互接続契約が誕生する可能性があって、全室スマートホームシステムは発展の必然的な成り行きになる見込みです。

また、同報告書の分析によると、現在、IoTスマート端末の設備が依然として接続できないのは、主に二つの原因があると考えられています。一方では、大部分の企業は自分でプラットフォームと生態を建てたいと望んでおり、プラットフォームの崩壊という現象の発生を避けられません。また一方では、企業間には技術構造がそれぞれ異なるという問題があります。業界には共通の技術基準がないのです。

しかし、将来この二つの問題はブロックチェーンのピア・ツー・ピア技術によって解決されます。

画像引用元:http://www.cctime.com/html/2020-11-5/1545346.htm

近い未来には、製品端、クラウド、制御端一体化の開発はスマートホーム企業の標準製品になる可能性が高いです。また、技術がそれぞれスマートホーム分野の製品端、クラウドと制御端に作用するにつれて、将来で端末がより開放的になり、境界を跨いだ融合することに基礎を打ち立てています。スマートルームもまさに「シングルポイントのスマートほホーム」から「全室スマートホーム」時代に入ることができます。

資料引用元:

http://finance.people.com.cn/n1/2020/0929/c66323-31879786.html

https://36kr.jp/mailmagazine/

筆者:周家令

2020年12月11日

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。