4回目の基礎学習

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

油絵村ニュース 第5回

~三点透視を復習~

 

2018年4月21日、この日は午前に所用があったため、午後15時くらいから暗くなるまで油絵村にいました。実は、この週は仕事の関係で他の方と一緒に油絵村を訪れることが多く、その度に先生のところにも少し顔を出しましたが、毎回誰かが体験していて盛況だなという印象でした。ただ、この日は土曜日でしたので、いつにも増して生徒が多かったことは言うまでもありません。

当初、先生は「三大面」という陰影技法について教えようとしてくれましたが、描き始めてみると、そもそもその前提となる三点透視もロクに習得できていないことが明らかになりました。

ということで、自ら申し出て、まずは三点透視をもう一度復習しました。

 


最後の写真は、先生が書いてくれた「三大面」のお手本です。

 

このように、最後は、次回やる作業を確認して終わりました。

 

4調
HB:明るい面
HB+2B:灰色の面
2B+4B:暗い面
4B+6B:影

 

この鉛筆の種類と色に関しては、前回の説明と若干異なるような気もしますが…。
ただ、前回とは異なる話なのかもしれませんし、単純に私の理解不足かもしれませんし、正直よくわかりません。

もう少し頑張ってもよかったのですが、もう暗くなってしまいましたし、この週は忙しくて疲労もピークに達していましたので、次回やることの説明を聞いて帰りました。

 

鈴木陽介
https://www.instagram.com/ideaport.suzuky/
※私が描いている絵は、インスタグラムで毎回公開しています。

アイデアポート・グループ代表
www.ideaport.com.hk

※本記事の写真を無断で複製及び転用することはお控えください。写真をご利用なりたい場合は必ず事前に一言ご連絡ください。

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。