Weiboの借金プラットフォームは本当に高利貸しだろうか。

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

多くのユーザーはweiboを利用するところに、weiboウォレットで借金という機能を使ったことがあるかもしれない。借金の流れもとても簡単で、個人情報を書いてアカウントを取得し、携帯電話の連絡先が借金プラットフォームから読み取られることも同意したら、審査を通して借金できる。もちろん、最初に借金の最大限は人によって異なる。
最近、ある利用しているユーザーは支払う金利がまさに高いと反映した。weiboでの借金プラットフォームは本当に高利貸しだろうか。


画像引用元:http://news.163.com/17/1111/07/D2UPML0Q000187VE.html

 

すると、インターネットでいろいろな資料を調べた後で、その非常に高い金利は一体どういうものなのかやっとわかった。実は、その金利が二つの部分を含み、一つは借金なので、ローン会社に必ず返済する利子で、もう一つはサービス料金である。その中で、サービス料金は大きな部分を占めている。サービス料金を支払わなければならないのか。借金プラットフォームは借金人に借金ルートと技術サービスを提供してあげるので、ある程度の料金を受け取っても普通のことのではないか。
北京青年電子報の報道により、蘇さんは自分の借金の最高額が3000元で、しかも期限が1か月だけだという。。しかし、一番驚かせたことは利子が270元で、一日当たり9元である。
法律上では、サービス料金は明確に規定されていないので、高くても違法行為というわけてはない。だが、もし、サービス料金を受け取ってから、ロンー会社と利益を分けるとすれば、それは不法な行為である。

 

梁咏嘉

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。