WeChatペイメントについて

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

モバイル決済の発展につれて、多くの人は現金を持っていないで外出するのは常態になってきただろう。
最近、張さんはモバイル決済を利用した時に、うっかり油断して受取人を間違えてしまった。気づいた時に、その人はもう張さんを阻止リストに追加した。事ここに至っては、どうしようもないだろうか。いいえ、解決方法が一つある。

画像引用元:http://news.sina.com.cn/o/2017-11-10/doc-ifynsait6978393.shtml

 

まず、weixinのマイウォネットに入り、右上で三つの丸形をクリックしてください。それから、支払いセキュリティをクリックして着金時間を設置してください。着金時間は2時間から24時間までを延ばすことができる。Weixinのサービス係を連絡してもなんにもならないので、法律手段をもってお金を取り戻すしかない。着金時間を長引かせているうちに、すぐ警察に通報してください。一方、受取人はこのうちにお金を受け取らないので、心配しなくてもいい。
ですから、毎日WeChatペイメントで決済する場合、我々はネットの便利さを楽しんでいると同時に、油断せずに財産の安全を気にかかるべきだ。送金するときに、受取人を何度も確認して間違えなくて送金してください。そうしないと、厄介なことになってしまう恐れがあると思う。以上の方法がこのようなことに落ち込んで困っている皆さんに役に立つように希望する。

 

梁咏嘉

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。