中国過去録21(5)

(この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。)

(昨日の続きより)

翌日は、訪問先の方々がホテルまで迎えに来てくれましたが、彼らの工場へ行くまでに、これは海か?と思うような大きな河を2つ超えて、1時間くらいかけてようやく到着しました。ちなみに、アリババのような大きな会社も市内ではなく、このような工業団地に位置しているようです。

いずれにせよ、杭州と広州の2つのコウシュウは、広さ的にはさして変わらないのではないかと思いました。

広東省に長くいる自分としては、ちょっと寒いなとは思いましたが、仕事もあって、自然もあって、街の規模もそこそこで、暮らしやすい街なのではと感じました。ちなみに、私自身は結構な暑がりです。

正直、今回は観光している余裕はまったくありませんでしたので、また機会があれば行きたいです。

(明日に続く)

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。