中国過去録17(6)

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

(昨日の続きより)

その後はどうなったか不明ですが、恐らく逮捕まではされなかったと推測しています。だとしたら、彼らの戦略勝ちのような気もしますが、目の前で話を聞いていた限りでは、明日払うと言っていたような記憶もあります。雇い主側がその場を取り繕うために言っていた可能性もあり、ひょっとしたら、翌日以降にまた一悶着あったかもしれません。まぁ、いずれにしても我々には関係ありませんし、巻き込まれていい迷惑です。

ちなみに、中国で給料未払いというのは自分も経験がありますし、また、残念ながらよく聞く話でもありますが、このような力づくのストライキに遭遇したのは今回が初めてでした。

電車が遅延したり、車で渋滞にはまって待ち合わせ遅れても、他人のせいにせず、自分の危機管理の甘さを反省すべきというのはよく言われますが、今後はストライキまで注意しなければいけないようです。

本当についさっきまで何も問題がなかったですし、これまでも何度か通っている道でした。。。注意しようがないといえばないのですが、また一つ勉強になました。

(明日に続く)

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!