最近思うこと19(1)

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

同じ日本人であっても中国にいる理由は様々です。

日本の会社や政府機関から駐在員として派遣されている人やそのご家族。

中国の工場に製品の製造を依頼し、その関係で長期滞在している人。

中国市場を開拓するために、調査や営業で毎月のように来ている人。

中国で起業して中国を主として生活している人。

このように、同じ日本人であっても、人によって中国にいる理由は異なりますが、それぞれの立場によって同じ日本人でもだいぶ考え方が異なるなというのが私の印象です。

同時に、同じ中国であっても、たとえば、広州に住んでいる方、深センに住んでいる方、香港に住んでいる方など、やはり、長いこと住んでいると住んでいる都市の雰囲気に馴染むのか、これまた考え方が異なるように感じるから面白いです。

(明日に続く)

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!