中国過去録15(10)

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

(昨日の続きより)

その時は過剰品質かなと思いましたが、この大阪の靴屋さんでの話を聞いたとき、検品ってやっぱり大事だなと改めて思いました。

ちなみに、手帳の工場での話しですが、日本側は社長や部長を含めて幹部4名で来ており、工場の社長と打ち合わせしました。その打ち合わせ自体は無難に終わったのですが、その工場の老板の追加の質問として、検品はともかく、日本のお客様はなぜ、0.1mm傾いているからダメだとか、0.2mmサイズが違うからダメだとか、そういうどうでもよい細かなことを言ってくるんですか?その労力をもっと別のところに使った方が良いのではないですか?という率直な質問を日本のみなさんに投げかけていました。

彼らの答えは、我々も同じように感じていますが、我々にもお客様がいるため、そのバランスを取るのが課題です。というような回答でした。

(明日に続く)

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!