最近思うこと13(8)

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

(昨日の続きより)

しかし、このシェア自転車を仮に思いついていたとしても、日本でやるとの中国でやるのとでは、やはり、スピード感が変わってくると思います。

もし日本でやる場合は、自転車に乗っている人がもしケガをしたら責任問題になる、から始まり、自転車の管理やら近隣住民との関係や、法律的に問題ないかなど、見え過ぎる人が多いため、今の日本では実施するまでに1年や2年は軽く過ぎてしまうでしょう。

そういう意味では、中国は「走りながら考える」を地で行くような環境ですし、そもそも安全については、日本を除く国では基本的に自己責任ですので、同じようにスタートするにしても、中国の方がスピードは速いと思います。

それはともかく、日本と中国のスピードの違いという意味では、本当に驚くべきは、似たようなサービスが出てくるスピードです。

(明日に続く)

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!