最近思うこと13(5)

(この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。)

(昨日の続きより)

また、深セン⇔広州間の長距離バスはWeChatペイで支払えますし、同じく高速鉄道はアリペイで支払うことができます。地下鉄カードのデポジットだってWeChatペイでできます。

特に、ひと昔前までは、チケットを買う際は、窓口へ行くか、現金をなかなか認識してくれない機械とにらめっこするしかなかったので、それを考えると本当に便利になったなと思います。

他方で、昔からのレストランなどでは、未だにデビットカードとクレジットカードしか対応していないところもありますが、逆にWeChatペイとアリペイが使えるところはデビットとクレジットに対応していないところもありますので、これは一長一短な部分もあります。

ただ、日本では現金オンリーのサイゼリヤでさえ、中国ではアリペイに対応しています。よって、WeChatペイとアリペイを導入するという流れは、今後も続くとみて間違いないでしょう。

紙の現金がなくなる日も、紙の現金が骨董品になってしまう日もそう遠くないかもしれません。

(明日に続く)

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。