最近思うこと13(4)

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

(昨日の続きより)

二つ目は、何といっても電子決済ですね。

これはわざわざここで言及するまでもないかもしれませんが、WeChatペイとアリペイの両方を持っていれば、基本的に現行のほとんどのサービスがどちらか一方には対応していますので、財布無しの生活が可能になりつつあります。

レストラン、ホテル、コンビニ、タクシーに限らず、個人経営のお店であっても、WeChatペイとアリペイをインストールしたスマホさえあれば、たちまちお金を受け取ることができます。最近では、出店でもWeChatペイのQRコードを貼り付けているのをよく見かけます。

もちろん、クレジットカードと同じく、WeChatペイとアリペイを導入すると、お店側は手数料を取られます。ただ、そのパーセンテージがほとんどタダのようなものですので、お釣りを用意する手間などを考えれば、お店側にとっても多大なメリットがあると思います。

(明日に続く)

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!