中国過去録13(3)

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

(昨日の続きより)

そこでは、単なる張り紙だけでもすごい数でしたが、それだけではあきたらず、実際に息子や娘の写真を持参して見せ合うツワモノもいて、さらにびっくりしました。今どきちょっと時代遅れのような気もしますが、子を思う親の気持ちはいつの時代でも変わらないのかもしれませんね。

ただの山登りですが、されど山登り、ただ単にマイナスイオンを浴びたり、良い眺めを見られるだけでなく、今回のように思いもがけない発見があることも良いところです。

深センは、地図をよく見ると、意外にも市内のあちこちに緑がありますが、特に車に乗って高速を走ると、ここは深センなのか?と思えるような山の中を通ったりします。イメージ的には、ご存知の方が限られてしまうかもしれませんが、日本の第二東名で山間部を走り抜けるようなイメージです。

深センは、ただの大都会ではなく、海もあり山もありで、まだまだ深センの真の魅力には迫りきれていないことを痛感する今日この頃です。

(明日に続く)

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!