中国過去録11

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

昨日は、深セン中日智能技術協力会(www.szsmart.org)の第7回団体企業訪問活動で、VRのハードウェアメーカーとVR協会を訪問しました。

協力会は、私の他に深セン在住の日本人と中国人の3人で去年の9月から始めたビジネス交流会というような位置づけの会で、3ヶ月に一回、団体で深センの最新の技術をもった会社、あるいは今流行りの製品を造っている会社を訪問しています。それに加えて、団体訪問にあたって、幹部3人だけでの訪問も実施しています。

中国のシリコンバレーと言われて久しい深センですが、日本人で深センのことを知っている、あるいは理解している人はまだまだ多くありません。協力会は、そんな日本と深センとの懸け橋になりたいとの思いで始めた会で、お陰様で毎回多くの方にご参加いただいておりますが、実のところ、主催している我々自身にとっても、深センをさらに深く理解する手助けとなっております。

3人とも本業とは別でやっておりますので、やり方なども含めてまだまだ至らぬ点はあるかと思いますが、開催する度に、今後も続けていきたいという思いを強くします。

ドローン、3Dプリンター、VRときて、次はどのような企業を団体訪問するかまだ決めておりませんが、これからも継続していきたいと思います。

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!