最近思うこと11(10)

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

(昨日の続きより)

中国で、肉に関して一番意外だったのは、魚も肉として考えられていることです。日本では、肉と魚はまったく違うジャンルという考え方で、そういう意味では中国でも同じなのですが、あくまで、鶏肉、豚肉、魚肉というような感じで、主菜としては同列に考えられています。

中国の魚は川魚がメインで、海の魚がメインの日本と異なりますので、日本人がこちらで魚を食べる時は、川魚はニオイがあるので最初はかなり違和感があります。ただ、それも料理の仕方次第ですし、また、上火・下火の考え方や胃や腸などのことを考えれば、中国では、川魚を肉の代わりとして食べることは、特に上火になりやすい広東省においては、上火対策として有効かつ現実的な対応ではないかと感じる。今日この頃です。

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!