最近思うこと11(6)

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

(昨日の続きより)

この考え方は非常に大事で、たとえば、冬に風邪をひいて喉が痛くなることがありますが、夏でも喉が痛くなることがあります。夏風邪ということも考えられますが、喉が痛くなる原因は風邪以外にも有名なものがあります、それが、上火なのです。日本人には意外と知られていませんが、身体が上火の状態になっていると、喉が痛くなります。

つまり、やはり、上火でも下火でもない中間の状態が身体にとっては正常なのです。季節によって上火や下火になりやすいのであれば、せめて、食べ物で調整することにより、コントロールしようというのが、先人の知恵なのだと思います。

では、何を摂取したら身体が熱くなり、何を食べたら身体が冷えるかどうかについて少し解説したいと思います。

(明日に続く)

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!