中国過去録9(6)

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

(昨日の続きより)

ちなみに、私の高いという抗議に対して、相手はずっと高くないと言っています。彼としては、この類の食べ物としては高くないと言いたいのでしょうが、私が言っているのは、商品価値については知りませんが、一般的に考えて高いということです。普通のレストランへ行ったって、2人で210元も食べるのは結構骨が折れます。

ただ、210元は高いものの、ここで逃げちゃうわけにもいきません。さすがに、それは道義的に問題がありますので。

そこで、値切ることにしました。最初にちゃんと説明してないキミにも責任があるから、150元にしろと。ただ、向こうは210元で譲りません。

すると、近くにいた仲間2人も近寄ってきました。状況は悪化するばかりです。自分と相手に対する怒りを抑えながら、ひるまず、そして、仲間の一人が無理やり商品を渡そうとするのを一旦抑えながら、何とか交渉し、180元なら払うと伝えました。すると、仲間の一人が諦めたように、180元でOKを出しました。

(明日に続く)

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!