中国過去録7(4)

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

(昨日の続きより)

別の発見としては、このようにして相乗りしてきた人の中には、日本語を話せる人がたまにいたことです。この時の私は、中国語はある程度話せたものの、難しい話はお手上げでしたし、大連人の普通話は広東人と比べるとものすごい巻き舌で、聞き取りにくいことも多く、よって、タクシーの運ちゃんともコミュニケーションが取りづらいこともままありました。ですので、相乗りしてくれた人が通訳してくれたこともありました。

もちろん、広東省で特に広州には日本語を話せる人が比較的多いため、広州でもそのような人と偶然出会う確率は高いと思いますが、広東省のタクシーでは基本的に相乗りしません。

一方で、驚いたのは、私の普通話が下手だと感じたタクシーの運ちゃんが、相乗りしてきた女性に対して、通訳してくれとごく普通の感じで依頼していたことです。恐らく顔見知りではないと思いますし、であれば、普通は相手が日本語を理解できると思わないと思いますが、そういう意味では、それくらい、日本語が話せる人が多いのかなと感じた出来事でした。その女性の日本語も普通に上手でした。ただ、付け加えますが、もちろん、大連では基本的に日本語は通じません。これは私の勝手な感想です。

(明日に続く)

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!