中国過去録7(3)

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

(昨日の続きより)

あとはそうですね。大連のみなさんは、軒並みガタイが良かったです。特に、取引先が加工機の組立工場だったということもあると思いますが、取引先の現場のみなさんは、プロレスラーみたいな人ばかりでビックリしました。

ちなみに、体格については個人差があるので一概には言えませんが、だいたい寒いところへ行けば行くほど体が大きい人が多く、暑いところへ行けば行くほど比較的小さくなるというのは、世界共通のことかもしれません。恐らく、気温や食事などの環境が関係しているのでしょう。

また、若干カルチャーショックだったのは、タクシーに乗ると普通に相乗りしてくることです。ただ単にタクシーの運ちゃんが稼ぎたいのか、市民がタクシー代を安くしたいのか、鶏が先か卵が先かという話ですが、とにかく、何度乗っても目的地までノンストップで行くことはなかったですね。必ず、途中で止まって、道で立っている人に行き先を聞いていました。

このように、大連の人は大柄で開けっ広げな人が多く、親分みたいな人が多いなと思いました(笑)。

(明日に続く)

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!