中国過去録7(1)

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

だいぶ前のことになりますが、東北は遼寧省の大連へ1週間ほど出張で行ったことがあります。

時期は6月末から7月頭にかけてですが、まず飛行機を降り立って思ったのは、まるで街全体にエアコンが効いているというか、ものすごく涼しいなと感じたことです。

私は基本的に広東省におりますので、この辺に住んでいる方はご存知かと思いますが、広東省で6月や7月といえば、本当に真夏も真夏です。日によってはサウナ状態です。ですので、降機直後の一息がとてもおいしいといいますか、呼吸がし易いと感じました。

多少誇張している部分もあるかもしれませんが、その昔、夏の北海道へ行った時と同じ快適さを感じました。

私は広東省が大好きなのですが、暑くて辟易している時の口癖は、広東省で嫌なのは暑いことだけ、というくらい暑いのが苦手なので、大連の空気は理想郷のように感じました。

(明日に続く)

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!