中国過去録3

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

その昔、中国広東省のとある場所に勤務していた時のできごとです。

広東省は常に暑く、そのためか、当時は、お昼休みになると、たまに道路を挟んで向かい側にある売店へ行き、飲み物やらアイスやらを買っていました。

そこには、飼っているのかどうかよくわからない猫が一匹おり、普段は特に気に留めなかったのですが、ある時ふと気になって、会計をするついでに、「あの猫はオスですか?メスですか?」と、お店の人に尋ねました。

すると、お店の人ではなく、良く見かける常連さんっぽいおばちゃんが、少し考えた後に代わりに答えました。

「メスだよ。」

ただ、仮にこのお店で飼っている猫だとしても、常連のおばちゃんがそこまで気にしているとも思えませんし、そもそもその猫がメスであると予めわかっていたら即答できるはずです。そこで、「何でわかるの?」と聞き返しました。

「そんなもん、猫なんて大体メスだよ!あははは!」

・・・中国は広い!

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・グループ代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!