中国過去録1(3)

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

(昨日の続きより)

いずれにせよ、バスを降りたら時間的にまず宿を探す必要があります。中国ではよくある光景ですが、バスを降りたところには白タク(といっても3輪車のような乗り物)のおっちゃんたちが群がっていました。ただ、当時の私の中国語はニーハオ・シェイシェイのレベルで何を言っているのかわかりません。そもそも、このような経験自体がその時が初めてでしたので、彼らが白タクで、どこへ行くのか聞いているということすらわかっていませんでした。

そんな中、一人だけ英語で話しかけてきた人がいました。聞けば、ホテルまで案内してくれると。白タクに乗ること自体が初めてであったため、若干躊躇しましたが、かといってホテルのアテがあるわけではありませんし、よく覚えていませんが、まわりもまだ暗くなかったはずですので、ものは試しに乗って見ることにしました。

結果は何事もなくホテルに到着。恐らくコミッションをもらっているホテルへ連れて行ったのでしょうが(笑)、確か親切にもホテルの部屋まで送ってくれた記憶があります。

(明日に続く)

鈴木陽介

ビジネスハブ香港編集長:http://businesshub.hk/category/suzukyblog/

(アイデアポート・トレーディング代表:www.ideaport.com.hk)

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!