「白夜行」からの思い出し②

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

《白夜行》有感

「白夜行」からの思い出し

 

再说说桐原亮司。尽管是互生共利,但与唐泽雪穗不同,他的童年并非完全没有爱。在发现父亲与雪穗之前,他至少有一个疼他的亲人。但是命运终究是命运,他被迫在亲情与道德之间做一个选择。很难想象,他处于一个怎样的状况。可以说,他最后对雪穗一系列的协助,已经不单是出于对雪穗愧疚的补偿,也有对自己父亲的复杂情感交错其中。其实,他并不完全是一个冷血的人,至少在面对友彦时,那一句“路上小心”,那一幅牵手的剪纸,和他想在白天走路的抱负,都透露出一个内心绝望的人对世界的期许。但是他已经没有这样的机会了,从一开始就注定了。如果说,在十一岁那年,他还有命运的主动权,那到最后,除了背负的复杂感情,他已经身不由己了,所以不管是为了生计,还是为雪穗的种种,他都成了一种工具。对这时候的他来说,执行便是唯一的目标,情感,已是遥不可及的了。

桐原亮司についてもう一度話すと、お互いに利益を共有するが、唐沢雪穂とは全く異なり、彼の子供時代は愛がないわけではない。父親と雪穂の不倫関係を見つける前に、彼は優しい母親が少なともいる。だが、運命は運命なんです。彼は情とモラルの間でひとつを選択します。とても表現しにくいのですが、彼がどのような状況かというと、つまり、彼は雪穂に対してすべて協力して、雪穂の罪悪感を補償するだけでなく、彼の父親に対する複雑な気持ちもあります。実は、彼は完全に冷血な人間というわけではなく、少なとも友彦会う時に、「お気をつけて」とか、手を携えて紙を取り合ったりとか、彼が昼に歩いているときの理想とか、これらすべてが絶望を抱いている人が世界を期待することを現している。
彼は既にこのような機会がない。最初から決められている。もし、11歳の時から、彼に運命の主導権があれば、最後に、複雑な感情を背負って、彼は既に自分の考えがなく、だから、生活のためかどうかにかかわらず、雪穂のために、彼はツールになった。その時の彼からすれば、実行はひとつの目標でしかなく、感情は既に手に届かないところにある。

 


http://blog.sina.com.cn/s/blog_54b8dbe40100kgrm.html

 


http://tieba.baidu.com/p/2773939877

 


http://blog.sina.com.cn/s/blog_48967bbb010008j1.html

 


http://www.qqzhi.com/tag/%E7%99%BD%E5%A4%9C%E8%A1%8C%E5%89%AA%E7%BA%B8/

 

所以说,尽管是共生,但也有动机的差异。相较雪穗的索取,亮司反而有一丝丝不经意的人性真情。

だから、共生しているかどうかにかかわらず、動機の違いがある。雪穂の要求と比較して、亮司は何気に人情がある。

 


http://blog.sina.com.cn/s/blog_5bece9c50100fpi9.html

 

与其说,这是一个爱情故事,倒不如说是一个悲凉的人性故事。

これはラブストーリーではなく、悲しい人間のストーリーだと言ってもいいでしょう。

 

執筆者:Immanuel Tay

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!