「白夜行」からの思い出し①

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

《白夜行》有感

看完《白夜行》,就想说点什么。是爱情吗?并不全是,但是有爱的成分。同年的桐原亮司对母亲的出轨行为并不理解,为什么在发现父亲与雪穗之后却付诸行动?笹垣猜测女孩其实未曾抵抗,但在亮司眼里,沉默却蕴含了更多深意。

「白夜行」からの思い出し

やっと「白夜行」を読み終えました。これは愛情でしょうか?すべてではありませんが、愛の部分もあるでしょう。子供時代の桐原亮司は母の不倫行為を全然理解できなかったが、どうして父と雪穂の間の関係を見つけた後で行動をしましたか?笹垣さんは彼女が抵抗しないと思いましたか?けれども、亮司の目には、沈黙はより深遠な意味を含んでいると感じます。

 


https://www.duitang.com/blog/?id=28681495

 

从那时起,亮司就成了雪穗生命中替代太阳的那个人。这个太阳,带给雪穗的,不是我们所理解的生活的希望和动力,是守护。于是在每次雪穗想达成目的的时候,总有一个默默的帮助者。很多人都以雪穗在最后一刻的反常作为他们爱情的证据。可是,就如雪穗自己所说,她的天空没有太阳但并不黑暗,她从来没有太阳,所以不怕失去。那么亮司的离开对她意味着什么呢?幼时在亲生母亲的指引下被迫出卖肉体,她早已失去了灵魂。亮司的解救,并不能找回失去的东西。所以在她今后的生活中,除了冷漠与无限度的贪念,已然看不到任何一点温情。她知道悲伤是何物吗?她已经没有情感了。所以,她一次都没有回头。只不过,少了替代太阳的人,没有了光明,她的生活便进入了永远的黑夜。

その時から亮司は雪穂の太陽の代わりの人になった。この太陽は、雪穂にあるものをもたらした。私たちが理解する生活や希望ややる気ではないが、彼女を守ります。すると、雪穂が目標を達成した時にいつも助けている人がいる。多くの人々が、雪穂の最後の異常な行動が彼らの愛情の証拠だと思うかもしれない。けれども、雪穂が自分で言うには、彼女の空には太陽がいないが暗くない、彼女はいまだかつて太陽があったことがないので、失うことを怖がらない。では、亮司が彼女の元を去るのはどのような意味がありますか?子供時代に母親の指示の下に身体を売ることを強要され、彼女は本心がない。亮司に助けられても失った物を見つけられるわけではない。だから、彼女の将来の生活で、無関心と無限の欲求を除いて、いかなる人情も見つけることができない。彼女は悲しみが何物であるかを知っていますか?彼女は既に感情がありません。だから、彼女は一度も自分を顧みたことがありません。ただ、太陽の代わりの人がいない、希望がない。彼女の生活は永遠の暗闇へとさらに入りました。

 


http://m1080.com/d/24905.html

 


http://m1080.com/d/24905.html

 


http://bulo.hujiang.com/menu/111154/item/934010/

 

②に続く

 

執筆者:Immanuel Tay

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

Follow me!