近ごろ出会ったこと40 (1)

(この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。)

広州の南沙区といえば、思わず船の映像が頭に浮かびます。でも、こういうところでは、遠くない未来では、世界同類型の最大支間長の橋梁を完成する見込みです。

それは洪奇瀝水道特大橋なのです。知るところによると、2019年8月25日で、全体的に接合し、次の工程に入ったようです。この橋は総長さが998メートルで、完成すると、橋の上で列車を運転でき、橋の下で千トンレベルの外洋汽船を通ることができます。

正直というと、洪奇瀝水道特大橋があまり意義ないと思う人はあるかもしれませんが、実はそれは南沙港鉄路の建設に重要な役割を果たします。南沙港鉄路を開通したら、南沙港のコンテナー列車がヨーロッパに直行できる見込みです。ですので、これもかなり期待すべきのことだと思います。

(次回に続く)

 

黄燕

ビジネスハブ香港副編集長:http://businesshub.hk/category/huangblog/

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。

前の記事

シャオミー旗艦店

次の記事

問屋街オタク