臨港産業基地のロボットが稼働し、曲道奎は人工知能研究を加速化すると述べた。

(この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。)

【公司】机器人启用临港产业基地 曲道奎称将加快人工智能研究

 

2017-12-29 15:44 • 高工机器人网

摘要新松机器人于12月28日在临港举行新松临港产业基地启用仪式。浦东新区区委常委、临港管委会党组书记、常务副主任陈杰,机器人总裁、中国机器人产业联盟理事长曲道奎等出席产业基地启用仪式。

新松机器人于12月28日在临港举行新松临港产业基地启用仪式。浦东新区区委常委、临港管委会党组书记、常务副主任陈杰,机器人总裁、中国机器人产业联盟理事长曲道奎等出席产业基地启用仪式。

据介绍,新松临港产业基地位于上海浦东新区金桥临港综合区,占地约200亩,将主要用于新一代智能机器人产品和核心部件的中试、生产,并依托新松工业4.0综合研究院开展数字化工厂系统解决方案的规划、设计、总装总调工作。

具体来看,临港产业基地的产品主要包括柔性协作机器人、双臂协作机器人、轻载复合机器人、移动双臂协作机器人等;工业4.0系统解决方案方面,将开展集核心制造技术开发、工艺流程研究及系统规划于一体的数字化工厂集成规划、设计与总装总调工作。为此,新松机器人将同时建设新一代自动化柔性生产线,用于新松自主研发的新一代智能机器人产品的生产。

“临港产业基地的启用,标志着新松机器人开始走入智能化时代。”启用仪式后,曲道奎在接受采访时表示,机器人产业在全球已发展了50余年并走向成熟,产业格局基本形成;但智能化时代的开启将给机器人带来新的发展空间和市场,机器人产业将走向智能化,人工智能与机器人的结合,将成为机器人产业发展趋势,也将是新松机器人接下来的发展战略方向。

“新松机器人将智能化生产基地落在临港,就是希望借助上海科创中心的资源优势,结合临港的高端制造产业,加快人工智能研究和成果产业化落地。”曲道奎介绍,新松机器人也参与了上海市的人工智能相关项目研究。

加快发展新一代人工智能,是上海服务国家创新驱动发展战略、建设全球科技创新中心的优先布局方向。就在11月14日,上海市发布了《关于本市推动新一代人工智能发展的实施意见》,提出到2020年,打造人工智能重点产业规模超过1000亿元;到2030年,人工智能总体发展水平进入国际先进行列,初步建成具有全球影响力的人工智能发展高地。据悉,张江国家实验室有望成为第二个获批的国家实验室,其建设方案聚焦“1+2+1”,即大科学设施、集成电路和生命科学、类脑智能,人工智能芯片将是研发重点。

同日,新松机器人还进行了新松机器人与人工智能研究院、新松工业4.0综合研究院的授牌仪式,以及临港智能机器人产业化示范基地的揭牌。

 

 

臨港産業基地のロボットが稼働し、曲道奎は人工知能研究を加速化すると述べた。

 

2017-12-29 15:44 • 高工ロボットネット

「概要」新松ロボットは臨港で新松臨港産業基地の稼働式典を行った。陳傑浦東新区区委員常務委員、臨港管理委員会党組織委員会書記、常務副主任、曲道奎ロボット社長、中国ロボット理事長など産業基地の稼働式典に出席した。

新松ロボットは臨港で新松臨港産業基地の稼働式典を行った。陳傑浦東新区区委員常務委員、臨港管理委員会党組織委員会書記、常務副主任、曲道奎ロボット社長、中国ロボット理事長など産業基地の稼働式典に出席した。

紹介によると、新松臨港産業基地は上海浦東新区金橋臨港総合区に位置し、敷地面積が200畝で、新世代知能ロボット製品と核心部品の生産に用いられ、新松インダストリー4.0総合研究院に基づき、デジタル化工場システムの解決策の企画、デザイン、総組立及び総調整をする。

具体的に見ると、臨港産業基地の製品は柔軟ロボット、両手共用ロボット、軽型複合ロボット、移動両手共用ロボットなどを含み、またインダストリー4.0システム解決策についての核心製造技術開発、加工作業手順研究及びシステム計画を統一化するデジタル化工場集成企画、デザイン、総組立及び総調整を展開する。そのため、新松ロボットは同時に新世代の自動化柔軟生産ラインを建設し、新松が自主的に開発する新世代の知能ロボット製品の製造に役立てる。

「臨港産業基地の稼働は新松ロボットが知能化時代に踏み込んだことを示す。」稼働式典の後、曲道奎は、「ロボット産業は全世界で50年以上にわたって発展して成熟しており、産業構造はほとんど形成されてきた。しかし、知能時代の到来はロボットに新しい発展場所と市場をもたらし、ロボット産業は知能化の方向に進むだろう。人工知能とロボットの結びつきはロボット産業の発展の追い風であるだけでなく、新松ロボットの発展戦略の方向になっている」と述べた。

「新松ロボットは知能化生産基地を臨港に設立し、上海市科学革新センターの資源に恵まれ、臨港のハイエンド製造産業と協力し、人工知能の研究と実用化を加速化する。新松ロボットも上海市の人工知能関係プロジェクトの研究に参加した。」曲道奎はこう紹介した。

次世代人工知能の発展の加速化は上海の国家革新駆動発展戦略をサポートし、グローバルな科学技術革新センターを建設するのに優先される方向である。11月14日、上海市は「当市における次世代人工知能の発展の実施意見について」を発表し、2020年まで人工知能重点産業の規模は1000億元を上回るとした。2030年,人工知能の全体的な発展レベルが国際先進レベルに達し、全世界に影響を及ぼすレベルまで発展していく。報道によると、張江国家試験室は第二の国家試験室となる見込みがある。その建設方案は「1+2+1」方案を中心に、つまり科学施設、集積回路、生命科学、類脳知能、人工知能チップが研究のポイントである。

同日、新松ロボットは新松ロボット、人工知能研究院及び新松インダストリー4.0総合研究院の認定プレートの授与式を行い、臨港知能ロボットの実用化の試験モデル基地除幕式も行った。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63057-.html

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。