「同川科技|トップ」実は、あなたは日本のロボットのことを知らない①

(この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。)

【同川科技 | 头条】其实,你并不了解日本机器人①
 
原创 2017-10-10 虞超 高工机器人
 
无论是有着百年历史的安川,带有浓重音乐血统的雅马哈,诞生自手表制造业的精工爱普生,还是被称为“富士山下黄色巨人”的FANUC,日本工业机器人以其先进的技术而成为日本最值得向世人夸耀的存在。
 
随着我国制造业自动化程度的提升,日本工业机器人也成为许多企业的不二之选。由于自身技术较为薄弱,因此一些国内企业心中难免有“低人一等”的感觉,甚至“惟日系机器人马首是瞻”。
 
“其实,造成这种状况的主要原因,在于很多中国人对日本工业机器人还不够了解。”来自日本静冈县的铃木阳介先生说。铃木先生曾先后在多家日本机器人企业任职,其中不乏业界的“明星企业”。
 
日本机器人也会“山寨”
 
在很长一段时间里,中国制造都戴着“山寨”的帽子,特别是在机器人领域,由于起步较晚,技术储备不足,仿制往往是最直接的方法。其实,在日本工业机器人领域,这种“照抄”的行为在某种程度上同样存在。
 
“和中国的全盘照搬不同,日本的机器人企业模仿的手法会稍微巧妙一点”,铃木先生说,由于日本的法律,特别是知识产权方面的法律很健全,恶意的模仿会导致官司临门,因此日本的机器人企业往往会把竞争对手的产品买来拆解和研究,并将其与自身的产品有机结合,或是在对方技术的基础上进行改良,“这样吃官司的几率会稍微小一点。”
 
铃木先生坦言,自己供职过的某知名机器人厂家,就曾经借助商社的力量购买了竞争对手的产品进行研究,最后不仅一举攻克了某个技术难题,还将对方的技术消化并运用到自己的产品上。“日本人的创新能力并不强,所以会吸收来自不同企业的技术,并将其融合、改良。因此在市场上,大家往往会从某个机器人身上看到好几家大公司的技术被结合到了一起,而这些公司彼此之间却是竞争对手。”
 

画像引用元:https://mmbiz.qpic.cn/mmbiz_jpg/baIibQrtYGWTx7oIoeibbW1NunAicc6kPGlS0DT7GzClibWsRw7bp6rg1RST4iaQFor76rlic9Jibs2K8LAguw1enBSiag/640?wx_fmt=jpeg&tp=webp&wxfrom=5&wx_lazy=1
 
「同川科技|トップ」実は、あなたは日本のロボットのことを知らない①
 
原创 2017-10-10 虞超 高工ロボットネット
 
百年の歴史を持っている安川にせよ、濃い音楽の血統のヤマハにせよ、腕時計の製造業から生まれたセイコーエプソンにせよ、それとも「富士山の下での黄色の巨人」と呼ばれているFANUCにせよ、日本の工業ロボットはその先進的な技術によって日本が世界で最も誇る存在となっている。
 
中国の製造業の自動化レベルの向上につれて、日本の工業ロボットも多くの企業にとって最良の選択となっている。自分自身の技術が弱いので、いくつかの中国企業は「一段劣っている」と感じがちで、さらに「ひたすら日本ロボットに同調する」という考えも持っている。
 
「実は、こんな状況になっている主な原因は、多くの中国人は日本の工業ロボットにていて理解が足りないからです。」と日本静岡県の鈴木陽介さんが言った。鈴木さんは前後していつくかの日本のロボット企業に勤めたことがあり、その中には業界の「スター企業」もあるという。
 
日本のロボットにも「パクリ」がある
 
長い間で、中国製には「パクリ」の帽子がかぶせられている。特にロボットの分野では、スタートが遅れ、また技術の蓄積が不足で、模造こそ最も直接的な方法となっている。実は、日本の工業ロボットの分野では、このような「コピー」という行為はある意味で同じく存在しているという。
 
「中国の全面的な模造と違って、日本のロボット企業の模造する手法は少し巧みを凝らしている。」鈴木さんによると、日本の法律では、特に知的財産権に関する法律で、悪意の模倣で裁判沙汰を起こす為、日本のロボット企業はライバルの製品を購入して分解、研究をする。そしてそれと自身の製品を組み合わせたり、相手の技術の基礎の上で改良する。「これで訴えられる確率は少し低めになる。」という。
 
鈴木さんは率直に言った。昔自分が勤めた有名なロボットメーカーは商社の力を借りてライバルの制品を購入して研究を行った。最後は、一挙にある技術の問題を克服しただけではなく、相手の技術を消化し自分の製品に活用させたという。「日本人の革新能力は強くないので、異なる企業の技術を吸収して、そしてそれを融合させたり改良させたりするのです。そのため市場では、あるロボットに何軒の大会社の技術が結合されたものをよく見られますが、実はこれらの会社はライバル関係です。」という。
 
②に続く
 
記事引用元:https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzA3NDMyMzQzMg==&mid=2650081619&idx=1&sn=8ba185d7cdfeb6d992df2316cc81e6c2&chksm=87002dd4b077a4c29d3b2973dec9a392f532a8717db89f5a040468fd738ba668ce31caf7f5dd&mpshare=1&scene=1&srcid=1010Zq1Uxw8bkLFY9j4qOTEz#rd
 

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。