「会議」人工知能学会張天雷:ROSと無人運転に関すること

(この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。)

【会议】人工智能学会张天雷:ROS和无人驾驶那些事
 
【文/虞超】8月26日,在由高工产研、中国电子学会主办,高工机器人、汤尼机器人承办的“ROS全球开发者高峰论坛”上,人工智能学会智能驾驶专业委员会副秘书长张天雷发表了名为《ROS和无人驾驶那些事》的主题演讲。
张天雷表示,无人驾驶现在非常火爆,不管是从国家层面还是商业层面,都投入了很多人力和物力。从国家宏观角度来看,中国是在无人驾驶领域投入最多的国家之一, 从企业来说,在物流等应用领域已经有很多企业在研究无人驾驶。
张天雷分析了无人驾驶的三大特点:更经济,具有可延长的工作时间,有效降低人力成本;更高效,产出质量更高,全局调度更合理;更安全,具备高精度感知和执行,有效降低事故率。他认为,从商业的角度来看,无人驾驶时代已经到来。他说:人不适合做驾驶这件事,因为人的大脑是混沌的,容易出现车祸等安全隐患,无人驾驶的引入可以大大降低交通事故,提高出行的安全性。
汽车的智能化和无人化的改革就相当于2000年智能机革命的开始阶段,是无人驾驶新一波浪潮的开端。“无人驾驶会催生下一个百亿级市场”,张天雷说。
“目前无人驾驶共分为L0-L5六个级别,其中L0为司机完成所有工作,L1需要系统偶尔协助司机完成特定任务,主要由司机操控驾驶并保障安全,L2级别则是由系统完成部分驾驶任务,司机时刻观察环境并完成剩余驾驶任务。”张天雷说,L0-L2级别主要通过ADAS高级驾驶辅助系统实现操作,其特点是:有人驾驶为主,功能单一,简单规划,由人和系统分离决策。
“而L3-L5级别对于无  人驾驶系统的要求则较高,L3针对特定场景,需要系统进行环境进行感知并执行部分控制,L4级别更要求系统能够对特定场景进行全部控制,司机无需敢于,到了L5级别,系统可以在任何场景下完成人类司机可以完成的驾驶任务。”张天雷解释到,“这一阶段的特点是机器驾驶为主,需要面对复杂场景,由无人驾驶系统统筹决策。”
“几乎所有的无人驾驶大企都在用ROS,因为在ROS中有很多基础工具可以帮助无人车的开发。 提高汽车的智能化需要增加很多的传感器,包括摄像头传感器/激光雷达传感器等。”张天雷说,目前,人工智能学会现在和很多的高校开发无人车研发平台,“我们的目标是做无人驾驶专用车,解放生产力”。
 
 
「会議」人工知能学会張天雷:ROSと無人運転に関すること
 
【文/虞超】8月26日、高工産業研究センター、中国電子学会により主催された、高工ロボット、トニーロボットが請け負ったROSグローバル開発者セミナーで、人工知能学会知能運転専業議員会張天雷副秘書長はROSと無人運転に関することをテーマにして演説を発表した。
張天雷は以下のように話した。今無人運転が大人気で、国家レベルであれ、ビジネスレベルであれ、人員と物資を大量に投入した。マクロの目から見れば、中国は無人運転への投資が最も多い国の一つで、企業から言えば、物流などの応用分野では既に多くの企業が無人運転の研究に取り組んでいる。
張天雷は無人運転の三つの特徴を分析した。第一に、コストがより安い。仕事時間を延長できるだけでなく、人件費を有効的に引き下げることもできる。第二に、効率がより良い。品質がより高く、全体の管理がより合理的になる。第三に、安全性がより高い。高い感知度と執行力があるため、事故率を有効的に下げられる。彼の考えでは、ビジネスの観点から見れば、無人運転の時代は既にやってきている。更に彼は、人間は運転に向いていないもので、脳が混乱するので、交通事故を起こしやすいが、無人運転の導入は交通事故の確率をかなり下げ、安全性を高めることができるということを言った。
自動車の知能化と無人化の改革は2000年のスマホ革命の初期段階に当たり、無人運転の新たなブームの始まりである。「無人運転は次の百億元レベルの市場を生じるはずだ。」張天雷はそう言った。
「目下、無人運転はL0-L5計6つのレベルに分かれている。L0は運転手がすべての(”運転をこなす”と意訳する方が分かりやすいかもしれませんね…多分伝わると思いますが)というレベルで、L1はシステムがたまに運転手を手伝って特定のミッションを完成し、おもに運転手が運転し安全を保障するということである。L2はシステムにより一部の運転ミッションを行い、運転手がずっと周りの状況を観察し残るミッションを済ませるというレベルである。」L0-L2はADAS高レベル運転補助システムを利用し操作を実現する。その特徴は有人運転を主として、機能が単一で、企画が簡単で、人間とシステムがそれぞれ別にとるべき行動(”方策”は硬い感じがするので少し意訳しました)を決める。
L3-L5は無人運転システムへの要求が非常に高い。L3は特定の場合には、システムが周りの状況を感知して、部分的にコントロールをしなければならない。L4は特定の場合においてすべてコントロールし、運転手が何もしなくても構わない。L5に至っては、すべての場合において人間の運転手ができることさえもシステムが行う。張天雷は「この段階の特徴は機械の運転がメインで、複雑な状況に対応せねばならず、無人運転システムがすべての行動を決めることです。」と説明した。
ほとんどすべての無人運転を研究する大手企業がROSを使っているのはROSには、無人自動車の開発に役に立つ基本ツールがたくさんあるからである。自動車の知能化を向上させるにはセンサーをたくさん増やさなければならない。カメラセンサー、レーザーレーダーセンサーなどが含まれている。张天雷は目下、人工知能学会が高等学校とともに無人自動車の研究プラットフォームを開発し、我々の目的としては、無人運転の専用車を開発し、生産力を解放することだと話した。
 
記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-61908-.html

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。