「案例」500台の工業ロボットが「無人工場」を支える

(この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。)

【案例】500台工业机器人撑起一座“无人工厂”
 
2017-11-14 09:24 • 高工机器人网
 
摘要几只巨大的“机器手”同时将面板从库位中稳稳抓出,飞快地旋转翻身完成镀膜,整套动作用时8秒,人工操作根本不可能完成。
几只巨大的“机器手”同时将面板从库位中稳稳抓出,飞快地旋转翻身完成镀膜,整套动作用时8秒,人工操作根本不可能完成。
总面积30万平方米的阵列工厂内,眼下有300多台机器人,几乎覆盖面板生产的每一道工序。车间里,包括工程师在内的所有工作人员总数不超过100名,只承担机器检修、监控等辅助工作,一般不直接进入车间里。整条中电熊猫8.5代液晶面板生产线上,目前共有500台机器人,除了最终的模组生产环节还必须由较多的人工来完成,其他工序都已是机器人唱主角。
中电熊猫的智能工厂是南京市首批建设的10家智能工厂之一,其整体解决方案还覆盖了企业资源管理计划、计算机整合制造、自动仓储管理、电子数据交互、云办公等系统,在节约成本、提升产品质量和工作效率方面已经收到了显著的成效。
更值得一提的是,这里使用的所有机器人,他们全部拥有自主知识产权。中电熊猫下属专门的电子装备制造公司,配备了强大的研发团队和核心技术,根据液晶面板智能工厂的实际需求,研发和生产出了与每一道工艺环节匹配的工业机器人,推动建成了这家业内领先的“无人工厂”,成为智能制造领域的示范。
“严格来说,我们的工厂目前还只是智能制造的初级阶段,很多智能技术还停留在自动化层面。”工厂一负责人表示,“接下来,我们会继续充分挖掘生产经营数据的有效价值,加强各生产经营系统之间的集成与交互,推进产品全生命周期的智能化进程,以智能制造技术抢占产业发展制高点。例如通过运用更多大数据和物联网技术等,让各个系统领域的机器设备拥有感知能力、学习能力和思考能力,真正打造一座智慧工厂。”
 
 
「案例」500台の工業ロボットが「無人工場」を支える
 
2017-11-14 09:24 • 高工ロボットネット
 
概要 何体かの巨大な「ロボットアーム」は同時にパネルを庫位からしっかり掴み出し、すばやく向きを変えて、コーティングができた。全ての操作は八秒で終わり、八秒では人の手ならどうしても完成できない。
何体かの巨大な「ロボットアーム」は同時にパネルを倉庫からしっかり掴み出し、すばやく向きを変えて、コーティングができた。全ての操作は八秒で終わり、八秒では人の手ならどうしても完成できない。
総面積30万平方メートルの工場の中に、今ロボットが300台あり、ロボットは大体パネルの生産の各工程に参加している。作業場で、エンジニアを含めたスタッフは100人もおらず、機械検修、監視などの補佐作業だけしており、ほとんど作業場に入らない。中電パンダ(液晶メーカー)の第8.5世代の液晶画面の生産ラインでは、現在ロボットが500台あり、最後のモジュールは多く人工で作業しているのを除けば、残った作業はほとんどロボットに任せる。
中電パンダのAI工場は南京市に最初に設立されたAI工場の一つで、企業資源管理の計画、コンピュータ統合生産、自動倉庫管理、電子データの交換、クラウドオフィスなどの解決方法を含め、コストの節約、製品品質と作業効率の向上に著しい効果を得ている。
もう一つ言いたいのはこちらで使用するロボットが全て独自の知的財産権を持っている点である。中電パンダの部下の専門の電子装備製造会社は、強力な開発チームとコア技術を配備しており、液晶画面のAI工場の実際の需要によって、各生産の一環に対応する工業のロボットを研究し、生産した。それで、業界内でリードしている「無人工場」が設立でき、知能AIによる製造の領域の手本になった。
「はっきりと言えば、弊社は今AIによる製造の初級段階におり、多くのAI技術は自動化のレベルにとどまる。」メーカーの担当者が言った。「そして、我々は引き続き生産経営のデータの価値を見出し、各生産経営システムの統合とインタラクティブを強化し、製品のライフサイクルのAI化プロセスを推進し、知能生産技術で産業発展の一位を争う。例えば、ビッグデータとlot技術などを利用し、各システム領域の機械設備に感知能力、学習能力、思考能力を持たせ、本物の知能工場を設立する。」
 
記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-62607-.html
 

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。