【市場】江蘇省のロボットとロボット装備標準化技術委員会の常州への進出

(この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。)

【市场】江苏省机器人与机器人装备标准化技术委员会落户常州

 

2018-10-09 16:58 • 高工机器人网

当前,以机器人为核心的智能装备制造行业正迎来良好的发展机遇。2017年国内市场新增工业机器人13.6万台,同比增长达到60%。在中国制造业转型升级的大背景下,工业机器人产业正面临巨大的市场空间。

目前我国涉及生产机器人的企业数量超过800多家,且有大批传统机械制造企业转向工业机器人的生产,我国已建成或在建的工业机器人园区超过40个,还有大量筹备中的产业园区,预计将在未来几年陆续建成投用,将进一步释放工业机器人产能。因此,预计2018年,我国工业机器人产量将达到16.4万台,同比增长约25%。

作为《中国制造2025》的重点发展领域之一,机器人是制造业实现数字化、智能化的关键支撑设备,发展潜力巨大。在市场和政策的双重利好下,国内机器人市场迅速升温,机器人产业迅猛发展。在此背景下,机器人产业也因此成为地方政府关注和招商引资的重点,随之而来的,是国内如火如荼的机器人产业园建设风潮和产业发展大比拼。

江苏常州市是长三角地区的制造业名城,在《苏南现代化建设示范区规划》中明确,常州将建设全国重要的智能制造装备基地。随着近几年机器人产业的发展,常州已集纳了包括日本安川、铭赛、泉工、快克、金石、速骏电子等国内外知名机器人企业数十家。国内生产的机器人,每四台就有一台来自“常州制造”。

据悉,机器人产业已成为江苏省机械装备制造业重点发展的新兴产业之一,经过多年培育,已在研发、生产、集成、应用等方面形成了较为完整的产业链。

9月28日,江苏省质监局发文,正式批准江苏省机器人与机器人装备标准化技术委员会落户常州,秘书处承担单位为常州检验检测标准认证研究院。该标委会将致力于江苏省机器人和机器人装备领域的标准研究,在国内率先建立较为完善的机器人标准体系,为机器人产业提供技术支撑,保障江苏省机器人产业健康发展。

作为制造业大市,常州近年来大力推进产业集聚化、智能化、高端化、特色化发展,机器人等智能制造产业成为产业名片,2016年底智能数控和机器人产业链产值突破275亿元,拥有50余家规模以上企业,基本涵盖了机器人和机器人装备产业链上、中、下游各个环节,工业机器人、医疗机器人、协作机器人等各种机器人销量占全国1/4,占全省3/4。

 

 

【市江蘇省のロボットとロボット装備標準化技術委員会の常州への進出

 

2018-10-09 16:58 • 高工ロボットネット

現在、ロボットを中心とする知的生産システム製造業は大きな発展の機会を迎えている。2017年に中国国内市場で製造された工業ロボットは前年比60%増の13.6万台に達した。中国の製造業のモデルチェンジ・アップグレードを背景に、工業ロボット産業は巨大な市場空間になっている。

現在、中国では、生産ロボットに関する企業が800社を超えており、多くの伝統的な機械製造企業が工業ロボットの生産に転向している。中国の工業ロボットエリアは既に40を超え、また、多くの産業エリアが今後、数年で次々に建設され、工業ロボットの生産能力はさらに向上する。このため、2018年には、中国の工業ロボットの生産量は、16.4万台に達し、前年比で約25%増加する予想だ。

「中国製造2025」の主な発展分野の一つとして、ロボットは製造業のデジタル化、スマート化の重要なサポート装置であり、発展の潜在力が大きい。市場と政策の二重の利益の下で、中国のロボット市場は急速に勢いを増し、ロボット産業は急速に発展した。そのため、ロボット産業は、地方政府の注目を集め、と企業誘致と資金導入において重要視されている。続いて、中国の大規模なロボット産業エリアの建設ブームと産業の発展が広がっている。

江蘇常州市は長江デルタ地区の製造業で有名な都市であり、「江蘇南部近代化建設模範区計画」において、常州は全国の重要な知的生産システムの基地を建設することを明らかにした。近年のロボット産業の発展に伴い、常州は日本の安川、銘赛(ミンサイ)、泉工、速達、金石、速駿電子など、中国国内外の有名ロボット企業を数十社を誘致している。中国国内で作られたロボットの内、4台に1台は「常州製造」だ。

ロボット産業は江蘇省の機械装備製造業の分野において発展が期待され、重要視されている新興産業の一つである。長年力を入れてきた産業であるため、研究開発、生産、集積、応用などの方面で産業チェーンを形成している。

9月28日、江蘇省品質技術管理局の公表によると、江蘇省のロボットとロボット装備標準化技術委員会が常州へ上陸することを正式に承認し、事務局の役割は常州検査測定標準認証研究院が務めることに決まった。この標準委員会は江蘇省のロボットとロボットの装備分野の標準の研究に力を入れ、中国国内で率先して完全なロボットの標準体系を確立することを目指し、ロボット産業のために技術的なサポートを提供し、江蘇省のロボット産業の健全な発展を保障する。

製造業巨大都市として、常州は近年、産業集中化、スマート化、ハイエンド化、特色化の発展を推進し、ロボットなどの知的生産システム産業が主要な産業となった。そして、2016年末にはスマートデジタル制御とロボット産業チェーンの生産額が275億元を突破し、50社を超える企業を抱え、基本的にロボットやロボット装備産業チェーンの各部分をカバーする、工業ロボット、医療ロボット、協力ロボットなどの各種ロボットが全国1/4を占め、全省3/4を占める。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65081-.html

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。