「市場」エストン(広東)ロボットが仏山ハイテク区入り

(この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。)

【市场】埃斯顿(广东)机器人落户佛高区

 

2018-10-22 11:09 • 高工机器人网

10月20日,埃斯顿(广东)机器人有限公司在佛高区核心区狮山镇开业,正式进驻中国(广东)机器人集成创新中心。这是该中心迎来的第八家机器人本体企业,将有力助推佛山高新区制造业转型升级。

埃斯顿(广东)机器人有限公司是南京埃斯顿自动化股份有限公司全资子公司。南京埃斯顿公司创建于1993年,2015年3月在深交所挂牌上市,是拥有完全自主核心技术的国产机器人主流上市公司之一。

今年5月,南海区与南京埃斯顿公司签署合作协议,南京埃斯顿公司在佛山高新区建设注册资本人民币5000万元以上,厂房布局8000平方米左右,销售范围覆盖华南地区的自主知识产权机器人本体研发及制造基地,并逐步将其建成华南地区生产、销售、研发、服务的总部,建成后三年内达产并实现累计产销机器人3000台以上。

在开业典礼现场,埃斯顿(广东)机器人有限公司还与佛山市佳锐智能有限公司以及佛山市天键包装材料机械有限公司签约,以机器人应用为制造业注入新动能,推动企业实现智能制造。

“佛山高新区完备的产业体系、高度集聚的创新主体、开放包容的环境以及广阔的市场需求,能加速埃斯顿(广东)机器人有限公司落地、生根和快速成长。”佛山高新区管委会主任、南海区委副书记刘涛根表示,南京埃斯顿公司具有较强的研发实力、全产业链竞争力和行业影响力,销售排名在国内机器人前三位,埃斯顿(广东)机器人的落户,是中国(广东)机器人集成创新中心建设具有里程碑意义的一件大喜事,将有力助推佛高区制造业新旧动能转化,实现转型升级。

中国(广东)机器人集成创新中心于2017年正式获得省科技厅批复建设,经过一年多的扎实推进,逐步形成了“核心技术研发—机器人本体—机器人集成—机器人应用—工业大数据”的完整产业创新生态。目前,创新中心已集聚了华数机器人、泰格威、新鹏等机器人集成企业50多家,涵括了机器人本体、核心零部件、集成应用系统等领域,2017年营业收入超过5亿元。

佛高区有关负责人表示,佛高区将以埃斯顿(广东)机器人的落户为契机,紧紧把握机器人产业高速和高质量发展的脉搏,以机器人集成创新中心建设为抓手,引导企业杀出传统制造重围,带动一批制造业企业改造提升,推动制造业智能化改造。至2020年,南海区机器人年产量有望达10000台,机器人应用超过15000台,机器人生产线超过300条,机器人改造企业超过1000家。

 

 

「市場」エストン(広東)ロボットが仏山ハイテク区入り

 

2018-10-22 11:09 • 高工ロボットネット

10月20日、エストン(広東)ロボット有限会社は仏高区核心区獅山鎮で開業し、正式に中国(広東)ロボット集積革新センターに進出した。このセンターが迎えた第8社目のロボット本体企業で、仏山ハイテク区の製造業のモデルチェンジとアップグレードを力を入れて推し進めてくれるだろう。

エストン(広東)ロボット有限会社は南京エストンオートメーション株式会社の全資子会社である。南京のエストン会社は1993年に設立され、2015年3月に深セン証券取引所に上場しており、完全な自主核心技術を持つ国産ロボットの主流の上場会社の一つである。

今年5月、南海区と南京エストンが提携協議に調印した。南京エストン会社は仏山ハイテク区で登録資本金5000万元以上且つ、工場の配置は8000平方メートルぐらいで、華南地区の自主知的財産権を持つロボット本体開発及び製造をカバーする基地を建設する。また、徐々に華南地区での生産、販売、研究開発、サービスの本部としていく予定で、完成してから3年以内に計画生産量に達して、累計生産販売ロボット3000台以上を実現する。

開業式の現場では、エストン(広東)ロボット有限会社は、仏山市佳鋭知能有限会社、仏山市天鍵包装材料機械有限会社と契約し、ロボットの応用で製造業に新たな動能を注入し、企業のスマート製造を実現するように働きかける。

「仏山ハイテク区の完全な産業体系、高度に集結した革新の主体、開放的で包容力のある環境と広大な市場需要、これらによってエストン(広東)ロボット有限会社のハイテク区入り、根付きと急速な成長を加速することができる」仏山ハイテク区管理委員会主任にして、南海区委員会副書記の劉涛根副書記は、南京のエストン会社は強い研究開発力、全産業チェーン競争力と業界での影響力、販売順位などは国内のロボットの上位3位内に入っており、エストン(広東)ロボットのハイテク区入りは、中国(広東)ロボット集積革新センター建設において歴史的な足跡を残す意義を持つめでたいことであり、仏山ハイテク区の製造業の新旧の動能の転化に力を入れて、モデルチェンジとアップグレードを実現することを助けてくれるだろう。

中国(広東)ロボット集積革新センターは2017年に本格的に省科学技術庁をから意見付きで建設許可を獲得し、1年以上の堅実な推進を経て、「コア技術研究開発―ロボット本体―ロボット集積―ロボット応用―工業ビッグデータ」の完全な産業革新生態を形成している。現在、革新センターはすでに華数ロボット、タイガーウェイ、新鵬などのロボット集積企業50社以上を集め、ロボット本体、コア部品、集積応用システムなどの分野を含んでおり、2017年の営業収入は5億元を超えている。

仏山ハイテク区の関係者は、仏山ハイテク区はエストン(広東)ロボットのハイテク区入りをきっかけに、ロボット産業の高速と高品質の発展の脈動をしっかり把握し、ロボット集積の革新センター建設のために手を握って、企業が伝統的な製造という重囲を打ち破れるよう導き、製造業企業の改造とアップグレードと、製造業の知能化改造を促進する。2020年までに、南海エリアのロボットの生産量は10000台に達する見込みで、ロボットの応用は15000台を超え、ロボットの生産ラインは300本を超え、ロボット改造企業は1000社を超える。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-65184-.html

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。