「G20」新時達:産業チェーンの配置は長所を生かし、ロボットの業務量が激増

(この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。)

【G20】新时达:全产业链布局优势凸显 机器人业务增长迅速

 

2018-08-03 09:37 • 高工机器人网

【文/廖文清】自2013年向智能制造领域转型以来,通过智能机器人核心技术的自主研发和智能制造产业链的并购,新时达在机器人领域形成了一定的品牌优势。

2017年,新时达实现营业收入34.14亿元,同比增长25.23%;营业利润2.10亿元,同比增长26.76%。公告显示,新时达营业收入增长的主要原因为机器人及运动控制业务的增长。报告期内,电梯控制类产品市场业务受行业市场等因素影响,发展面临较为严峻挑战,盈利水平下降。

在智能制造新时期,新时达机器人在驱控一体化、机器人物联网平台、人机协同技术、工艺规划仿真与离线编程技术等方面都已经取得了创新实践成果。

目前,新时达高品质机器人已经广泛应用于搬运、焊接、铆接、涂胶、打磨等工艺,并且各种工艺应用均与工业物联网相连接,可做到各种工位的实时监测,减少生产管理成本,提高工作效率。与此同时,新时达在去年发布了新款桌面型机器人SD900,业内同臂展中最大负载,防护等级高达IP67。

对于市场开拓,新时达主张通过细分领域开拓方式赢得信任,目前新时达机器人在电梯、机床上下料、光伏行业等都有广泛地应用。

在产能方面,为了满足激增的产能需求,新时达目前设有在建新工厂4个,包括位于上海嘉定的年产10000余台套的新时达机器人智能新工厂、位于东莞松山湖的众为兴新工厂、位于昆山的晓奥享荣新工厂和位于安徽芜湖的新时达机器人工厂等。预计到2018年底拥有20000台/年的产能,将成为国内首家年产能超过20000台的自主机器人品牌。

从产业链布局来看,新时达旗下拥有致力机器人控制器、驱动器、机械本体、软件平台等核心技术研发和工业自动化业务的新时达机器人,致力汽车智能化柔性生产线的上海晓奥享荣,全球最大伺服系统渠道商上海会通科技,SCARA机器人、运动控制领先品牌深圳众为兴,专业从事伺服驱动器及其他运动控制系统产品研发、制造、销售的杭州之山智控五家子公司,形成了从核心零部件—机器人本体—系统集成的全产业链布局。

8月3日,第一届G20-智能制造峰会第一次CEO会议将在东莞凯悦酒店举行,届时,新时达将以重要成员的身份出席本次会议。

围绕“上半年行业未达预期,企业如何应对价格战?”、“行业爆发前夕,产业链如何合纵连横?”等议题,新时达将与20余家智能制造领域的领军企业一起深入剖析当前智能制造的发展现状,通过资本、资源、技术、供应链、客户、商业模式等多维度整合,打造产业生态圈,共推国产化进程。

 


「G20」新時達:産業チェーンの配置は長所を生かし、ロボットの業務量が激増

 

2018-08-03 09:37 • 高工ロボットネット

「文/廖文清」2013年スマート製造の領域にモデルチェンジして以降、スマートロボットの核心技術の自主研究開発やスマート製造の産業チェーンを買収を通して、新時達はある程度でロボットの領域で強みを持っている。

2017年、新時達の営業収入は34.14億元に達し、前の年の同じ時期に比べ25.23%増であり、営業利益は2.10億元で、前の年の同じ時期に比べ26.76%増である。発表によると、新時達は営業収入が増加できたのは主にロボット及び運動コントロールの業務量が増加したためである。報告の期間中、エレベーターのコントロールなどの製品は市場などの影響を受け、厳しい挑戦にも直面しており、利益が減少した。

スマート製造の新たな時代において、新時達のロボットはドライブの一体化やロボットのモノのインターネットのプラットフォーム、人とロボットの共同作業の技術、工業技術のシミュレーション及びオフラインのプログラミング技術などが最新の成果を収めた。

現在、新時達の高品質なロボットは運搬、溶接、カシメ、サイジング、研磨などの工業技術で広く使用され、また工業のモノのインターネットに接続し、リアルタイムで各工程部分を監視測定し、生産の管理コストを減らし、効率を向上させる。同時に、去年新時達は新たなテーブル型のロボットSD900を発表し、業界で他の物に比べ、負荷は最大であり、防護レベルもIP67に達した。

市場の開拓については、新時達は領域を細かく分けることによる開拓の方法で信用を獲得することを主張している。現在、新時達のロボットはエレベーター、旋盤、光起電力産業などで広く使用されている。

生産能力の面では、激増した需要を満たすため、上海嘉定に位置する年生産量10000台余りの新時達のロボットスマート新工場、東莞松山湖に位置する衆為興新工場、昆山に位置する暁奥享栄新工場と安徽省芜湖に位置する新時達ロボット工場などを含め、新時達は現在4つの工場を建設している。2018年の年末までに、20000台/年の生産能力を持つようになり、国内で初の一年20000台余りを製造できるロボットブランドとなる見込みである。

産業チェーンの配置からみると、新時達の傘下はロボットのコントロール、ドライブ、機械の本体、ソフトウェアのプラットフォームなどの核心技術の研究開発や工業の自動化業務に力を入れる新時達ロボット、自動車の生産ラインのスマート化に力を入れる上海の暁奥享栄、世界最大のサーボ機構である上海の会通科技、SCARAロボット、運動コントロールの先駆けのブランドである深センの衆為興、サーボドライブ及び他の運動コントロール製品の研究開発、製造、販売を行う杭州の之山スマートコントロールの子会社の5社を所有し、核心の部品ーロボットの本体ーシステムのインテグレーションという全体の産業チェーンの配置をした。

8月3日、第一回G20スマート製造サミットの初のCEO会議は東莞の凱悦ホテルで行われる。その際、新時達は重要なメンバーとして会議に出席する。

「上半期業界は予想に達しておらず、企業はどうやって価格戦争に臨むのか」、「業界の爆発前夜、産業チェーンはどうやって配置するか」などの議題をめぐり、新時達は20余りのスマート製造の領域でのトップ企業とともに、現在のスマート製造の発展の現状を深く分析し、資本、資源、技術、サプライチェーン、取引先、ビジネスパターンなどを多角的に整合し、産業の生態圏を作り、国産化を促進する。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-64599-.html

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。