「海外」日本は旋盤のオーダーが予想を上回る 2018年上半期26.1%増加した

(この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。)

【海外】日本机床订单增长超过预期 2018年上半年增长26.1%

 

2018-07-27 10:46 • 高工机器人网

山崎马扎克、森精机、大隈……日本虽然国土面积不大,但在制造业上却是名副其实的大国,特别是机床行业,在全球处于领先地位,每年出口量位居世界前列。中国虽然也是机床制造大国,但在综合实力上与日本相比还有较大差距。一直以来,日本都是中国重要的机床贸易伙伴,今天小编就带大家了解一下日本机床行业2017年至今的发展情况。

回顾2017年:订单持续增长行业前景乐观

2017年,日本机床协会会员企业订单总量同比增长31.6%,达到1.6456万亿日元,创历史新高,属10年来的首次。日本因雷曼危机(2008年,美国第4大投资银行雷曼兄弟由于投资失利,在谈判收购失败后宣布申请破产保护,引发了全球金融海啸),2019年的机床订单额降至0.41189万亿日元,而2017年机床订单能达到2009年四倍水平,得益于良好的内外需拉动。

据统计,2017年日本国内机床订单同比增长18.6%,达到6294亿日元。这是日本国内机床需求两年来的首次增长,也是继雷曼危机以来首次超过6000亿日元。日本国内经济发展向好,汽车和半导体等领域对机床的需求增加是日本国内机床增长的主因。外需方面,机床订单与2016年同期相比增长了41.2%,达到了1.0162万亿日元,超过了2014年的1.0130万亿日元,创下了历史新高。其中亚洲、欧洲、北美对日机床需求增长明显。

由于2017年日本机床行业发展喜人,对于2018年,日本方面做出了较乐观的预计——机床订单总额将达1.7万亿日元,产量和进出口量都将超过2017年。

2018年1-6月,机床订单增长26.1%

据《日本经济新闻》7月20日报道,2018年上半年日本机床订单增长迅速。以日本机床工业协会7月19日发布的数据来看,2018年1-6月日本累计机床订单额(确定值)达到9640亿日元,同比增长26.1%,连续两个半年刷新历史新高。对比去年预计的1.7万亿日元的订单额,日本实际订单增长速度高于预期。对于2018年全年订单,日本方面预计上调的可能性很大。

在上半年,日本机床订单中,内需总额达到3837亿日元;外需增长21.6%,达到5803亿日元。其中,北美增长30.9%,达到1620亿日元,创历史新高。欧洲增长29.6%,达到1245亿日元。整体而言,虽然以智能手机等电子产品代工服务相关订单急剧减速,但面向汽车的订单增加,带动了日本机床订单增长。

日本机床与中国

《中国制造2025》发布以来,中国制造业发展迅速,相应的带动了对机床的需求。除了国内需求上升外,机床进口额也相应增长,在一定程度上带动了日本机床外需。

2018年1-6月,来自中国的机床订单表现坚挺,较去年增长7.2%,达到1828亿日元,占外需整体的3成。不过在6月,面向中国的订单总体上减少7.7%,但中国仍然是日本机床出口的重要市场。可以预见,中日在机床领域还会有更多合作。

2018年是中日两国机床行业发展上升期,相信在年末还会有更多惊喜给我们,小编也会在后续继续报道相关内容。

 

 

「海外」日本は旋盤のオーダーが予想を上回る 2018年上半期26.1%増加した

 

2018-07-27 10:46 • 高工ロボットネット

ヤマザキマザック、森精機、大隈……日本は国土が大きくないにも関わらず、製造業の面では真の大国である。特に旋盤業界では世界的にリードしており、毎年の輸出量も世界でトップクラスである。中国も旋盤製造の大国であるが、日本と比べれば、総合実力の面では差がある。従来より、中国にとって日本は重要な旋盤貿易のパートナーであるので、本日皆さんに日本の旋盤業界の2017年から今までの発展について、ご紹介いたしましょう。

2017年を振り返ってみる 業務量が右肩上がりで、業界の見通しは明るい

2017年、日本旋盤協会の会員企業のオーダー数は前の年の同じ時期と比べ、31.6%増となり、1.6456万億円に上り、過去最高を記録し、これは10年以来初である。日本はリーマンショックで(2008年、アメリカ第四の投資銀行のリーマン・ブラザーズは投資に失敗し、買収交渉も失敗し倒産保護を申請したことによる世界を席巻した金融危機のこと)、2009年旋盤のオーダー額は0.41189万億円にまで下落した。また、2017年旋盤のオーダー額が2009年の四倍となったのは良好な内需と外需のおかげである。

統計によると、2017年日本国内の旋盤のオーダー数は前年の同じ時期と比べ18.6%増となり、6294億円に登った。これは日本国内の旋盤の需要が二年初めての増加であり、リーマンショック以降初めて6000億円を超えたそうである。日本国内の景気が良くなり、自動車や半導体などの領域で旋盤への需要が高まったのも日本国内の旋盤の伸びの主な理由だ。外需の面では、旋盤のオーダーは2016年の同じ時期と比べ、41.2%増になり、1.0162万億円に達し、2014年の1.0130万億円を超え、過去最高を記録した。その中、アジア、ヨーロッパ、北アメリカの需要の増加が著しい。

2017年日本の旋盤業界は栄えたで、2018年旋盤のオーダーの総額が1.7万億円になり、生産量と輸出入量が2017年を超えるというポジティブな予想を日本側はした。

2018年1-6月 旋盤のオーダーが26.1%増加

7月20日「日本経済新聞」の報道によると、2018年上半期日本の旋盤のオーダーがめきめき増加したという。7月19日に発表された日本旋盤工業協会のデータから見ると、2018年の1-6月旋盤のオーダー額はトータルで9640億円に達し、前の年の同じ時期と比べ26.1%増となり、二半期連続で過去最高を記録したそうである。去年予想した1.7万億円のオーダー額と比べれば、実際の増加率が予想を上回ったということがわかる。2018年通年のオーダー量に対し、日本側は予想を上方修正する可能性が大きい。

上半期、日本の旋盤のオーダーで、内需の総額は3837億円に達している。外需は21.6%増加し、5803億円となっている。その中、北アメリカは30.9%増で、1620億円となり、過去最高を記録した。ヨーロッパは29.6%増で、1245億円となっている。全体から見ると、スマホなどの電子製品の代理生産に関するオーダーが激減したが、自動車のオーダーが増加するにつれ、日本の旋盤のオーダーも増加した。

日本の旋盤と中国

「中国製造2025」が発表されて以降、中国の製造業が素早く発展したにつれ、旋盤の需要も大きくなった。中国国内の需要が上昇した一方で、旋盤の輸入量も増加した。これによって、ある程度で日本の旋盤の外需を増加させた。

2018年の1-6月、中国からの旋盤のオーダーが右肩上がりで、去年より7.2%増になり、1828億円に達し、外需の3割を占めている。しかし、6月には中国へのオーダーが全体的に7.7%減少した。にも関わらず、中国はなお日本の旋盤の重要な輸出先である。日中は旋盤領域でまだまだ協力の機会が多いという見通しがたつ。

2018年は日中両国の旋盤業界の発展の上昇時期であり、年末もさらにサプライズがあると期待しており、筆者は今後関連情報の報道をし続けます。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-64549-.html

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。