「海外」日本メディアは中国がスマート製造を推進し インターネット時代の新型製造業を構築すると発表した

(この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。)

【海外】日媒称中国推进智能制造 构筑互联网时代新型制造业

 

2018-06-06 10:39 • 高工机器人网

日媒称,中国将制造业可持续发展与升级作为国家战略。2015年5月,中国出台了制造业中长期振兴战略,紧接着7月又发布了《关于积极推进“互联网+”行动的指导意见》。这两个战略的交点就是“智能制造”。

据日本《富士产经商报》6月4日报道,关于智能制造,2016年12月,工业信息化部制定了《智能制造发展规划(2016-2020年)》,2017年11月,国务院发布了《关于深化“互联网+先进制造业”发展工业互联网的指导意见》。由此可见,中国在制造业升级过程中重视智能制造,试图积极利用中国保持优势的互联网技术。

需要注意的是,中国的智能制造政策除了现场作业自动化、信息合作等提高制造现场效率的相关内容外,还包含了广泛利用互联网的企业合作、远程维护、客户服务等内容。

报道称,说到制造的智能化,日本人的印象大多是,在工厂这个封闭空间的制造流程中,应用IT来提高生产效率和品质,或者谋求降低成本。而在中国,现场的改善固然重要,但同时还会利用网络“开放互联”的特点,无论产品制造还是商品开发,往往都会与拥有本公司没有的技术和知识产权的企业、原材料供应商、用户等外部进行合作,积极获取意见和资源。

报道称,实际上,早在政府开始从政策上引导智能制造之前,就已经出现了这种动向。例如,大型家电企业海尔公司很早之前就致力于吸收外部资源,开展开放式创新。开放式创新说到底只是手段,其根本上是战略的变化。

海尔公司在2005年制定的中长期战略中提出,为应对互联网时代的到来,业务模式应从原来的大批量生产、大批量销售的方式,向根据消费者需求定制生产的方式转变。2012年,该公司还提出了转向与众多用户、原材料供应商、店铺、物流等各方面开放式连接的“网络化企业”的方针。

报道称,日本企业的理念是制造“更便宜更快更好的产品”,主要在制造环节受到好评,在开发环节又如何呢?海尔公司认为改善制造现场是理所当然的,极其看重“如何及早满足用户多样化需求,如何及早将满足需求的产品投放市场”。作为手段,海尔公司很早便积极致力于开放式创新,将很多外部资源用互联网连接起来。这点与日本企业有所不同。

 

 

「海外」日本メディアは中国がスマート製造を推進し インターネット時代の新型製造業を構築すると発表した

 

2018-06-06 10:39 • 高工ロボットネット

日本メディアは、中国が製造業の持続可能な発展と昇級を国家戦略とする見込みだと発表した。2015年5月、中国は製造業中長期振興戦略を公布し、その後、7月には『積極的に「インターネット+」行動を推進することについての指導意見』を発表した。この二つの戦略の交点は「スマート製造」である。

日本『日経産業新聞』の6月4日のニュースによると、スマート製造について、2016年12月、工業情報化部は『スマート製造発展計画(2016年―2020年)』を制定し、2017年11月、国務院は『「インターネット+高度な製造業」を深化させ工業インターネットを発展させることについての指導意見』を公布した。以上から分かるように、中国は製造業の昇級の過程においてスマート製造を重視し、中国で優勢を保っているインターネット技術を積極的に利用しようと試みる。

注意すべき点は、中国のスマート製造政策は、現場作業の自動化、情報共有などの製造現場の効率を高めるための関連の内容以外にも、インターネットを広く利用した企業の協力、遠距離のメンテナンス、取引先へのサービスなどの内容を含める点である。

ニュースによると、製造のスマート化と言えば、主に日本でのイメージは、工場のような狭い空間の製造過程で、ITを利用して生産効率と品質を高める、あるいはコストを減少するということである。しかし、中国では、現場の改善はもちろん、同時にインターネットの開放的な情報交換という特徴を利用し、製品の生産であれ開発であれ、その会社が備えていない技術と知的財産権がある企業、原材料仕入先、ユーザーなどの外部と協力し、積極的に意見と資源をもらう。

ニュースによると、実際には、政府が政策でスマート製造を指導する以前に、既にこの動きが出てきていた。たとえば、大型の家電企業ハイアール社は過去から外部資源の吸収に力をいれており、開放式の創新を展開した。開放式の創新はせんじ詰めれば手段だけであり、その根本が戦略の変化である。

ハイアール社が2005年に制定した中長期の戦略では、インターネット時代の到来に対応し、業務モデルは既存の大量生産、販売方式から消費者の需要向けの生産方式に変更することを発表した。また2012年には、ユーザー、原材料のサプライアー、店舗、物流などの各方面と開放的につながる“ネットワーク戦略”の方針へ転向することを発表した。

ニュースによると、日本企業の理念は「より安く、速く、質がよい製品」を作り上げることであり、主に製造の方面では好評を受けたが、開発の方面ではどうだったのだろうか。ハイアール社は、製造現場の改善はもちろん、「どのようにユーザーの多様化した需要を満たすのか、どのようにしてスピーディーに需要を満たす製品を市場に売り出すのか」ということを非常に重視すべきだと考えている。その手段として、ハイアール社は以前から積極的に開放式の創新に力をいれ、インターネットを利用して多くの外部資源と繋がっている。この点について、日本企業と異なっている。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-64128-.html

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。