「資本」銭江生化が取引停止:ロボット分野での資本の再編成を計画

(この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。)

【资本】钱江生化停牌:筹划机器人领域重大资产重组事项

 

2018-05-11 09:35 • 高工机器人网

摘要钱江生化近日公告,筹划拟由公司以发行股份及支付现金收购合肥欣奕华智能机器有限公司控股股权,该事项对公司构成了重大资产重组。控股股东拟通过认购本次重组募集配套资金等方式参与本次重大资产重组,因此可能涉及关联交易。公司股票已于5月2日开市起紧急停牌,预计停牌不超过一个月。

钱江生化近日公告,筹划拟由公司以发行股份及支付现金收购合肥欣奕华智能机器有限公司控股股权,该事项对公司构成了重大资产重组。控股股东拟通过认购本次重组募集配套资金等方式参与本次重大资产重组,因此可能涉及关联交易。公司股票已于5月2日开市起紧急停牌,预计停牌不超过一个月。

钱江生化属农药兽药行业,2018年一季度钱江生化归母公司所有者净利润-543.84万,同比下降181.88%;营业收入9884.03万,同比下降7.72%,归母公司所有者净利润创上市以来新低。

此次钱江生化拟收购欣奕华,有望在一定程度上消化燃料、原材料涨价等不利因素,并在积极开拓新业务中扭转业绩颓势。

据悉,欣奕华成立于2013年,是由中国光电与创新科技产业基金主导创建,旨在推进国内工业机器人、服务机器人、关键零部件产业发展,推进先进材料研发和产业化突破。

欣奕华运营与研发总部(北京欣奕华科技有限公司)位于北京,并在安徽设有智能机器、先进材料两大事业集群及生产基地。智能机器事业群(合肥欣奕华智能机器有限公司)位于安徽合肥新站智能制造产业园,目前业务主要为泛半导体产业机器人、服务机器人、智慧工厂解决方案的研发、生产与服务。

先进材料事业群(阜阳欣奕华材料科技有限公司)位于安徽阜阳合肥现代产业园,主要从事液晶单体、中间体、彩色光刻胶等平板显示用新型电子材料以及生物医药材料的研发、生产、销售与服务。

欣奕华现有人员550余人,其中研发人员占40%,本科及以上学历占85%,硕士、博士及海外高级研发人员约180人。与此同时,公司已与业内顶尖企业及美国卡耐基-梅隆大学、德国汉堡大学、北京航空航天大学、上海交通大学等科研院所建立战略合作关系。

目前,欣奕华研发出高世代洁净搬运机器人并实现量产,同时还开发出全球首台10.5代线洁净搬运机器人,可搬运基板尺寸和重量、各轴转速、定位精度等均达国际先进水平,使我国新型显示制造产业摆脱了长期以来对发达国家产品的依赖。

 

 

「資本」銭江生化が取引停止:ロボット分野での資本の再編成を計画

 

2018-05-11 09:35 • 高工ロボットネット

「概要」このほど、銭江生化社が株式の発行や現金で合肥欣奕華スマートマシーン株式会社を買収しようとしており、この件によって重大な資本の再編成になると発表した。募集したセット資金を応募するなどの方法で支配株主は今回の資本の再編成に参加しているため、関連取引に関わるかもしれない。会社は株取引について5月2日から緊急に取引停止を行い、停止期間は1か月間を超えない見込みだ。

このほど、銭江生化社が株式の発行や現金で合肥欣奕華スマートマシーン株式会社を買収しようとしており、この件によって重大な資本の再編成になると発表した。募集したセット資金を応募するなどの方法で支配株主は今回の資本の再編成に参加しているため、関連取引に関わるかもしれない。会社は株取引について5月2日から緊急に取引停止を行い、停止期間は1か月間を超えない見込みだ。

銭江生化は農薬と動物用医薬の産業に属する。2018年四半期で銭江生化の親会社に帰属する純利益は−543.84万、同期比での減少率は181.88%である。売上は9884.03万、同期比での減少率7.72%であり、親会社に帰属する純利益は上場されてから最も低くなった。

今回銭江生化は欣奕華を買収することによって、ある程度で燃料や原料の値上がりなどの不利な問題を解決し、積極的に新な業務を開拓し、立派な業績をあげる。

報道によると、欣奕華は2013年に中国光電とクリエイティブテクノロジー産業基金によって創立し、国内の工業用ロボットやサービスロボット、パーツ産業などの発展を推進を主旨としており、先進的な材料の研究開発と産業化の突破を推進する。

欣奕華は運営と研究開発の本部(北京欣奕華科技株式会社)は北京に位置し、安徽にスマートマシーンと先進的材料の生産基地を設置している。スマートマシーン事業グループ(合肥欣奕華スマートマシーン株式会社)は安徽合肥新站のスマート製造産業園にあり、現在主な業務は半導体産業向きのロボットやサービスロボット、スマート工場のソリューションなどの研究開発、生産とサービスである。

先進的材料事業グループ(阜陽欣奕華材料科技株式会社)は安徽阜陽の合肥現代産業園に位置し、主に液晶単量体、中間体、カラーフォトレジストなどのフラットパネルディスプレイ用の新型電子材料や生物医薬の材料の研究開発、生産、販売とサービスを行う。

現在欣奕華には社員が550人余りおり、その中で研究者は40%を占めており、大卒または大卒以上の学歴を持っている人は85%を占めており、修士、博士及び海外のハイレベルな研究者が約180人いる。また、会社は業界でのトップクラスの企業とアメリカのカーネギーメロン大学,ドイツのハンブルク大学、北京航空航天大学、上海交通大学などの科学研究院と戦略的な協力関係を築いた。

現在欣奕華は高世代クリーン運搬ロボットを開発し、大量生産ができるようになったと同時に、世界初の10.5代クリーン運搬ロボットを開発した。運べる基板のサイズと重量、各軸の回転速度、ポジショニングの正確さはすべて国際レベルで、中国の新型ディスプレイ産業は先進国からの製品の依存から脱した。

 

記事引用元:http://www.gg-robot.com/asdisp2-65b095fb-63918-.html

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。