中国の自転車シェアリングサービス、日本でサービス展開へ

(この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。)

共享单车在日本也能成功吗?

 

CWCC会计师事务所 2017-09-14

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzU0MzExNjg2Mw==&mid=2247484089&idx=1&sn=2b0e3419f130f233b75ab794aeb5f409&scene=19#wechat_redirect

 

上个月,在中国国内现时相当流行的摩拜单车在日本北海道札幌市正式开展服务,而今后服务范围似乎会扩展至全国的其他城市。与此同时,她的竞争对手ofo也决定要开展日本这个海外市场。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzU0MzExNjg2Mw==&mid=2247484089&idx=1&sn=2b0e3419f130f233b75ab794aeb5f409&scene=19#wechat_redirect

 

在上月23日开始运行服务的札幌市,营运商在便利店出入口及药妆店等人来人往的地点设置停泊单车站,可说是相当便利。租用方法方面,用家可以利用智能手机应用程式搜寻附近可用的单车,也能透过应用程式进行预约;找到自己合意的单车后,只要用手机扫描车身上的二维码便能解锁。使用完毕后,也只需透过网路完成付款手续,并把单车停泊至营运商指定的停泊处便可。由于上车与还车的地点毋需一致,对用家而言可说是十分方便。

过往腾讯控股曾向摩拜单车注资六亿美元,而阿利巴巴集团亦曾经向ofo注资七亿美元。国内通讯业务企业在这个新兴行业的投资,使得这个行业可以如此迅速的扩展。

但是,在一些共享单车业务过份发展的地区,阻碍交通、单车使用者不守规则、大量单车被放置在指定停泊处外等问题亦随处可见。

摩拜单车除了在中国国内,现时亦正开展日本、英国、新加坡、意大利的业务。而她的对手ofo则正计划与日本通讯企业SOFTBANK的子公司合作,准备开拓日本市场。

在日本,另一家大型通迅企业NTT DOCOMO亦在计划提供自家共享单车的服务。至于上述的SOFTBANK子公司,亦正与五家公司合作,打进共享单车市场。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzU0MzExNjg2Mw==&mid=2247484089&idx=1&sn=2b0e3419f130f233b75ab794aeb5f409&scene=19#wechat_redirect

 

这一类型的共享服务在日本能普及到甚麽程度呢?使用者又能不能在不影响他人及四週的前提下使用呢?这些都是共享单车在日本推出时一些值得思考的问题。另外,日本国内手机缴费的普及程度远比不上中国,或多或少会影响到共享单车在日本的推行吧。即使如此,现今很多国人都喜欢到日本旅游,相信他们将会成为日本共享单车服务的主要对象群之一;但是他们在人生路不熟的地方骑单车,对当地交通规则的不了解等,又或许会在当地衍生出各种新的问题,甚至让当地社会出现对共享单车的反对声音。到时候使用者的教育便会成为营运商的重大课题之一吧。

 

 

中国の自転車シェアリングサービス、日本でサービス展開へ

 

CWCC会計士事務所 2017-09-14

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzU0MzExNjg2Mw==&mid=2247484089&idx=1&sn=2b0e3419f130f233b75ab794aeb5f409&scene=19#wechat_redirect

 

中国で話題のシェア自転車「モバイク」(中国語表記;摩拝単車)が日本で先月からサービスを展開しています。北海道札幌市を皮切りに、今後全国の政令指定都市にサービスを拡大することを目指しているとのことです。同時に競合のofo(オッフォ)も日本をターゲットに進出を決めています。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzU0MzExNjg2Mw==&mid=2247484089&idx=1&sn=2b0e3419f130f233b75ab794aeb5f409&scene=19#wechat_redirect

 

先月23日にサービスを開始した札幌市では、コンビニエンスストアやドラッグストアなど、人の往来が多い場所に駐輪場を設け、利便性を高めます。スマートフォンを使ってアプリの地図に利用可能な自転車を表示させ、予約することも可能。自転車の解錠も車体についたQRコードを読み取ることで行うといいます。決済もネットで完結し、利用後は契約している駐輪場であればどこでも返却可能とのこと。

借りた場所と返す場所が一致しなくてもよいため、多くの利用者が気軽に使えるのではないでしょうか?

中国ではネット関連企業がこの業態に投資をすることでサービスの拡大と浸透を後押ししてきました。例えばシンセンに本社を置くテンセント(騰訊控股)はモバイクに6億ドル(日本円約650億円)、アリババ集団等もモバイクの競合のオッフォに7億ドル(日本円約760位億円)を出資した経緯があります。

しかしながらこの業態は過当競争になっている地域もあり、交通の妨げになったり、利用者のマナーの悪さから、大量の自転車が駐車場以外に放置されたりなどという問題もあります。

モバイクは本国中国以外では、日本、イギリス、シンガポール、イタリアでサービスを展開中。ofo はソフトバンク子会社と連携して日本でのサービス展開を画策しているとのことです。

日本ではソフトバンク以外に、NTTドコモが独自のシェア自転車サービスを全国で展開。オッフォと連携するソフトバンク子会社も5つの事業者と連携しサービスを展開してます。

 

画像引用元:https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzU0MzExNjg2Mw==&mid=2247484089&idx=1&sn=2b0e3419f130f233b75ab794aeb5f409&scene=19#wechat_redirect

 

日本でシェアサービスがどこまで普及するか?利用者のマナーはどうか?というところが気になりますね。実のところ日本は中国ほどスマフォ決済が浸透していません。私個人としては中国人観光客が、日本滞在中に自国で使い慣れたサービスを日本でも使うことも想定されると思っています。その際は日本での交通ルールやマナーが問題になるかもしれません。実際に中国人観光客の訪日中のレンタカー使用時の事故が増えている問題も聞いています。

 

 

記事引用元:https://mp.weixin.qq.com/s?__biz=MzU0MzExNjg2Mw==&mid=2247484089&idx=1&sn=2b0e3419f130f233b75ab794aeb5f409&scene=19#wechat_redirect

 

CWCC国際会計事務所

CWCCは1986年に設立された国際会計事務所です。

本社を香港に置き、シンセン・上海・北京・南昌の 6 拠点に於いて、洗練されたサービスの提供に努めて参りました。

創業から30年以上の歴史を持ち、中国に進出して以降20年以上の経験を有しています。

私どもの強みは、会計・税務の高い水準のプロフェッショナルサービスをフルセットでお客様に提供でき、香港・中国間の連結監査も外注することなくすべて CWCC 自社内で行えることで、

ジャパンデパートメントのような専任部門を社内に有しているところも評価されている一面です。

今後も国際的な経験とグローバルな視野から、多様化するお客様の需要に合致する適切なアドバイスと満足度の高いサービスを提供出来るよう、CWCC 全社を挙げて鋭意努力して参ります。

https://www.digima-japan.com/company/cwcccpa/

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。