骨さえも食べたいように――「紅焼乳鳩」(コウショウヌガ)

(この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。)

広州食ルポ その四十三

〜広東料理 紅焼乳鳩〜

 

中国語での「乳鳩」とはハトのひな、すなわちひなハトということである。「紅焼乳鳩」(コウショウヌガ)はハト焼きの一つであり、広東での有名な伝統的料理であり、しかも広州でかなり人気がある料理なのだ。

普通の場合では食卓に出す時、「紅焼乳鳩」はまだかなり熱いが、それは最もおいしい時なのだ。冷めくなると、そのおいしさが次第になくなり、その魅力を体験できない。

 

紅焼乳鳩

撮影:黄燕

 

焼いたばかりの「紅焼乳鳩」はいい匂いがあるし、しかも皮も薄くてサクサクし、引き裂くと肉から肉汁を流す。肉が少ないが、栄養価値が高く、あまり脂肪がないし、とても柔らかく、引き裂きやすいし、味もなかなかいいし、なんとなく骨さえも食べたいような気がある。

でも、「紅焼乳鳩」といえば、中山市石岐での「紅焼乳鳩」はかなり有名である。そこのひなハトも大きい体型、厚い胸の肉、柔らかい肉を銘打ち、海外にも有名である。

 

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E7%BA%A2%E7%83%A7%E4%B9%B3%E9%B8%BD/7728430?fr=aladdin

http://shop.bytravel.cn/produce/77F35C907EA270E74E739E3D/

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1629668178068170040&wfr=spider&for=pc

 

筆者:黄燕

■ビジネスハブ香港:香港及び華南、アセアンの情報ステーション
「ハブとしての香港」をコンセプトに、香港及び華南、アセアンの「生」の情報が見られます。https://jp.ideaport.com.hk/businesshubhk

□お問い合わせ
ビジネスハブ香港の記事に関するお問い合わせは下記までお願い致します。https://jp.ideaport.com.hk/contactbhh

深センでのものづくりサポートならアイデアポート

アイデアポートは、深セン・華南地区だけで9年以上に渡りビジネスを行っております。

当社は深センからお客様のものづくりをサポートするのみならず、当社自身もIdeagearブランドによりIoT製品の試作開発に関わっております。

当社の現地での豊富なネットワークとものづくりのノウハウをぜひご活用ください。